小さな、大きな主人の変化

私が御言葉を学び始めてから6年・・・
主人が、やさしくなったなと感じます。

以前は、お風呂の床が汚れていたら
大きな声で私を呼び、「ちゃんとしろ」と
注意しました。

でもこの間、お風呂の床を主人が掃除してくれました。
私を呼びつけることもなく、注意することもなく、
何も言わず、そっと掃除してくれました。

主人に、小さな変化が起こりました。

以前は、何かものを落としたりしたら、
「びっくりするだろ!」と怒鳴りました。

でも今は、怒鳴らなくなりました。
「音を立ててごめんね」と私が謝ると、
「ああ、大丈夫だよ。」と言ってくれます。

主人は、やさしくなりました。

御言葉を学び始めても、しばらくはずっと
主人がこわかったです。
でも、私が主人をこわがる原因も、主人が私に怒鳴る原因も、
どちらも「愛を知らないから」だと分かりました。
神様の愛を、知らないから。
心が愛で満たされていないから。

主人に、自分のことを分かってほしいと思っていました。
でも、御言葉で教えてもらいました。
相手に分かってもらうには、まず自分を正さないといけないと。
相手に不満を持つ時、必ず自分に問題があるんだと。

そして、自分を直すことに集中しました。
人を悪く思うことをもうやめて、自分のまちがいをまず直そうと。

その中で、いつも神様は私を慰め、励ましてくれました。
最初に、「愛されていること」を教えてもらいました。
少しずつ「人を愛すること」も学びました。
そして、「自分を愛すること」もできるようになってきました。

今は、「人も、自分も、神様も、本当に愛すること」を学んでいます。

そんな私の毎日の中で、主人も同じように、少しずつ変化しました。
少しずつ、私に声をかけてくれるようになり、
少しずつ、自分の話をしてくれるようになり、
少しずつ、怒鳴り声が少なくなって、
少しずつ、笑ってくれるようになりました。

その小さな変化が、私には、とても大きな変化です。

神様、私のことも、主人のことも愛してくださって
本当にありがとうございます。

神様は、こうおっしゃいました。
「木は瞬間で育てられないように、人も育てるのに時間がかかる。
 人間も、前もって育て、後で伝道しなさい。
神様は、命を連れてこられる時も、前もって育て、時になれば
1日のうちに神様の懐に連れて来られる。」

今は、主人に私の信仰を打ち明けられなくても、
主人に御言葉を直接教えることができなくても、
私の心の中に御言葉が生きて、神様の愛を受けて
主人を愛していけば、主人は変化できる。

神様を知らないけど、神様の心に近づくことができる。

時になれば、1日のうちに主人も神様の懐に
飛び込むことができるように、これからも毎日
主人をいっぱい愛して、共に育っていきたいです。

 

どんなに風化しても 片時も忘れないで

痛みを分かち合えたら

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP