理系の人たちが聖書に抱くイメージ①

職場でのランチ中に、いろいろあって聖書の話題になったときのお話。

 

うちの職場は私も含め働いている人はほとんど理系の人たち。

そんな人たちが、聖書についてどんな風に思っているのか、

垣間見る機会になった。

 

まずはケース①

聖書なのに、人が殺したり殺されたりする話が多すぎてどうなの、と思う。

特に旧約聖書。

ヨシュア

 

聖書が神様の本、何か聖潔なもの、という認識はあるようで

神様が治める世界は罪もなく犯罪もなく平和なすばらしい世界、

なのに聖書の中でも戦争はしているし人も死んでるじゃないか、

ということだろう。

 

旧約聖書のわずか3ページ目でアダムとエバは神様の御言葉を破り、

5ページ目でカインがアベルを殺す事件が起こる。

旧約聖書、1000ページ以上あるのに…(TT)

誰よりも神様が泣きたい歴史だ。

 

神様が平和を望まれていないのではない。争いが起きないようにする御力くらい持っていらっしゃるだろう。

でも神様は強権的に人間を操ることはなさらない。

それではロボットと同じだからだ。

神様が働きかけてもそれを認めない人に対しては、

成すすべなくその心が向くままに行わせておくしかない。

 

―そして、彼らは神を認めることを正しいとしなかったので、神は彼らを正しからぬ思いにわたし、なすべからざる事をなすに任せられた。

 (ローマ人への手紙Ⅰ 1:28)

 

人間の悪いカインの性格のせいだったり、神様に敵対するサタンが人間にやらせたこともあるし、

来たるべきメシヤを迎える準備をするために、長い目で見て必要だった戦いもある。

また、旧約時代は紀元前の話であるから、

その頃の人間の知能は今とは違い、動物より少し優れていた程度だっただろう。

知能も信仰も漸進的に成長していくものであり、神様の世界も漸進的に成されるものだということを知らないといけない。

 

科学の発展も漸進的であったはずなのに、聖書も同じように考えられないことが弊害かもしれない。

勝手なイメージを押し付けておいて「ぶっとんだ本」扱いするのはそれこそどうかと思ったのであった。

 

まず何よりも聖書について正しく学ぶことが大事☆

摂理の聖書マスター、昇一牧師の聖書講座は分かりやすく理知的で

理系さんにもオススメです(^^)

★摂理の聖書講座「第1回:新約と旧約について」★

 

>>理系の人たちが聖書に抱くイメージ②

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帰り道に「感謝」してみよう

ひき肉とピーマンのとろとろ味噌炒め☆

関連記事

  1. 摂理はダンス好き集団?~私の初礼拝の思い出

    今でこそ分かって馴染んで好きだけれども当時には慣れずに驚いてしまったこと普段から一歩引いて物事…

  2. 素敵な「象使い」になるために☆アルパからオメガまで

    ↑ブロガー仲間の麦わらちゃんが、私のイラストを描いてくれました(*^^*)私は分…

  3. 愛がいっぱい☆摂理de結婚 part2

    昨日に引き続き、愛がいっぱいブログ「摂理de結婚」のご紹介、第2弾です~さてさて4人目は、小さ…

  4. おすすめブログ☆~Life of Providence~

    摂理ブログのおっかけをしている摂理主婦 シロ。最近またまた ステ…

  5. 空からのメッセージ

    土曜日の夜、翌日が主日礼拝にも関わらず、自分はこのままでいいのか…本当に私はダメ人間…と気分が落…

  6. 「もうすこし」を積んで「いつもできる」人になる

    こんな自分でいたい こんな自分を直したい。そう願うけど いつも「自分が願う自分」…

  7. 心の貧しい人たち、心の清い人たち

    生活の中で 思うことがあります。神様を 信じていなくてもものすご…

  8. 天空のカフェと摂理芸術のはじまり*

    スマホの写真を整理していたとき。去年家族で訪れた妙高高原の写真が出てきました。雲海の上に…

PAGE TOP