中学時代‐学校で教わるキリスト教にがっかりしたこと②

中学時代‐学校で教わるキリスト教にがっかりしたこと①

約1週間後に、そのテストは先生に採点されて返ってきた。

(ちなみにキリスト教の先生は牧師さん)

 

赤ペンで書かれた点数を見ると、満点ではなかった。

やっぱり最後の記述問題はバツにされたようだ。

 

期待していた解答欄を見ると、赤ペンで1行だけ、書いてあった。

 

「本当にそうかな?」

 

・・・え!そんだけ?!(゜゜;)

結局自分で考えろってかーー!

 

「神様の愛」の疑問に対して欲しかった答えは得られず、

失点しただけで終わったのだった。

ほとんどが満点をとるようなテストゆえ、この失点のせいで偏差値はガタ下がりである。

 

満点を逃したことにもがっかりしたけれど、

偉そうに神様の愛を教えるくせに、納得する答えをくれないキリスト教という授業に心底がっかりしてしまった。

(納得できなければ信頼できない、理系脳の性)

それ以降…キリスト教の時間は受験勉強の時間になったのだった(笑)

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋が来ました

流していい涙 元気になれる涙

関連記事

  1. sakuさんとバトンのお話。

    当ブログのsakuさん東京から はるばる青森に 会いに来てくれました (*^ ^*)…

  2. 空からのメッセージ

    土曜日の夜、翌日が主日礼拝にも関わらず、自分はこのままでいいのか…本当に私はダメ人間…と気分が落…

  3. 合格体験記 魂体のおかげでした③

    翌日の面接で早速結果を聞かされたのだが、驚いたことに、英語が学年で1番だった(○∇○)(1番…

  4. 「摂理」を心配されている方へ

    「摂理」は、私たちがこれまで学校や日常生活で教えてもらえなかったことを、教えてくれます。&n…

  5. 「摂理がばいよか☆九州ブログ」のススメ

    日本各地で、元気いっぱい生活している摂理人たち。北は北海道 南は九州、沖縄まで (この表現が好き…

  6. チョウン牧師の笑顔

    私が御言葉を聞き始めたのは、2009年の秋でした。それからしばらくして、日本で聖霊集会が開催され、…

  7. くりかえし行なえば、太陽のように輝く

    いつも私たちに御言葉を伝えてくださる鄭明析(チョン・ミョンソク)先生。先生の哲学の1つは、「く…

  8. 摂理にいることが辛くなった時。~考えが運命を左右する

    職場で、憧れの先輩がいます。その方は子育てもしながら仕事もバリバリこなすキャリアウーマン。いつも…

PAGE TOP