menu

お祈りができない時は「1つだけ」をやってみる。

毎日 お祈りするようになって

かれこれ 6年。

はじめて お祈りしたのは

職場のお昼休みです。

同じ職場で出会った お友だちが

お昼休みに 摂理の御言葉を教えてくれて

私のために お祈りしてくれました。

「シロちゃんもお祈りしてみて☆」

と お友だちが 言いました。

お祈りなんて 

全くしたことなかった私。

でも 心をラクにして

神様に言いたいこと言えばいいよって

教えてくれました。

私は 戸惑いながら

「1つだけでもいいから」と思って

お祈りしました。

「私を見つけてくれて 感謝します

少しずつ 神様と 

仲良くなっていきたいです。」

あれから 毎日お祈りしているけれど

今も ときどき思います。

目を閉じて お祈りする時

何から 祈ればいいんだろうって。

そんな時 こう思うことにしました。

1つだけ 願いがかなうなら

1つだけ 神様が聞いてくださるなら

私はなにを、お祈りするだろうって。

「1つだけ」と思うと 本当に

自分が願うことが 見つかる気がして。

「1つだけ」の祈りに

心がいっぱい 込められる気がして。

心が ざわざわしたり 

ぼんやりしたり まとまらない時

「1つだけ」を 一度ためしてみてください^^

 
(2016年の記事をリライトしました☆)
 
関連記事
 

よつばの「やさしいミコトバ」

御言葉が「おもしろい」と思う理由。

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP