きっと生き返る。アボカドの話

我が家ではアボカドを育てています。

スーパーで買って、食べて、その種を植えて発芽させたもの。

夏に植えたので、はじめは夏の太陽を浴びてぐんぐんと成長していきました。

 

しかし、

 

秋がきて冬がきて、寒さが日に日に厳しくなると

もともと南米原産の植物であるアボカド、次第に元気がなくなって、

葉っぱが萎れてしまいました…(>_<)

 

この葉っぱも、はらりはらりと落ちてしまい、

ついに丸裸になってしまいました( ;∀;)

茎1本だけ…!

 

ああ、枯れちゃったのかな……

もうダメかと思っていましたが、

よく見ると。

てっぺんにはちゃんと新芽の姿が✨✨

この子、頑張って生きてる!と感動しました✨

 

葉が全部落ちて死んだように見えても、

糸1本ほどのわずかな生命力だけを残して、

じっと寒さに耐え、春が来るのを待ってるアボカド。

暖かくなったら、きっと葉っぱも新しく再生して元気に生き返るね(^-^)

アボカドの生きようとする姿を見て、私も諦めずにお水と栄養剤をやりながら見守っていこうと思いました。

 

人間の考えも、

太陽と地表が近い夏のような時があり、

太陽と遠くなる冬のような時があります。

 

太陽のように変わらない全能者神様と人間の考えが遠いとき、信仰の冬、信仰の限界にぶつかるのです。

 

しかし、先生は箴言でこのようにおっしゃいました。

人間は「糸ほどの考え」だけでも諦めなければ「死んだ信仰」が生き返る。

 

神様に近づこうとする考えが糸ほどの細さであっても残っているならば、神様が必ず働きかけて助けてくださいます。

全ての葉が落ちたアボカドに新芽ひとつを発見して、続けて何とか生き返るようにしてあげようと思った心情、これは神様が人間をこのように見ていらっしゃるということか…と思いました。

 

そうしているうちに信仰も春、夏が訪れ、生き返る時が必ず来ます。糸ほどの考えだけでも諦めなければ。

一時強くて図太い考えを持つことよりも重要なのは、諦めないこと、この1つなんだ!と確信しました。

 

ただ見るとただのみすぼらしいアボカドかもしれない。

でも、聖三位と繋げて見ることで、そこから<聖三位の言葉>が見えてきます。

自然万物を通して、神様の心情を少しでも教えてくださったことに感謝します✨

 

 

 

投稿者プロフィール

アバター
saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自信がないから いいことがある

「待ち時間」は ひとりで考える時間

関連記事

  1. たったひとりの人だから

    私は、娘が大好きです。私の、たったひとりの子供だから。あなたがプンプンし…

  2. あの列車に乗っていこう

    列車の窓から きれいな朝日が見えました。ふと あるメロデ…

  3. 1匹のオオカミのきもち~なかまを探して

    先日、娘と動物番組を見ていました。1匹のオオカミを追った、ドキュメンタリー…

  4. 不安症の人のためのお祈り

    不安が 頭から 消えない喜ぶこと 笑うことが…

  5. 夢の実現や疑問の解決

    肉体が幼かった頃に考えていたものの中で、今も覚えていることがあります。結論か…

  6. すてきな、約束の指輪

    神様は 私たちのために地球を つくってくれました。&nbsp…

  7. 宗教の嫌悪感を考察―アラサー世代の私の場合

    宗教=壺を買わされるこんなイメージを持っている人が優勢なのかは分か…

  8. 大変でも、思い浮かんだ時に行なうこと

    長いお盆休みをいただいて、家族みんなで実家に帰省しました。家を出発する前に…

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP