神様を温めて差し上げる人。

木枯らしの吹く寒い日にふと思った。

自分にもし大切な人がいたなら、こんな日にはどうやって寒くないようにしてあげられるだろうか。

 

手袋を貸してあげたり

ホッカイロ貸してあげたり

自分の手で温めてあげたり

 

自分だったらそのようにしたいなぁと思った。

その時に、思った。

神様にもそのようにして差し上げるものだ、と。

 

先生は、神様にいつもそのように接してこられた。

 

人間創造以来ずっと長い長ーい間、神様の心を真実に知ろうとする人間がいなかったから、

神様は、ずっと孤独でいらっしゃった。

人間からの愛を期待して人間を創造されたのに、いつも生活の中で神様を呼んで愛して暮らそうとする、そういう人がいなかった。

助けてあげても、その一瞬だけ感謝をして、あとは知らんぷり。そんな人間たちを見ながら、神様の心がどれ程寒かっただろう。

そんな神様の心を分かって温めて差し上げようと、鄭明析(チョンミョンソク)先生は自ら神様の御心を探し、行って、神様の心を慰める生活をなさった。

 

まるで寒い日に新郎の冷たくなった手を新婦が温めてあげるように、愛する人が寒くないようにと、

先生はそのような立場で神様に接してこられたのだなと、

寒い日を通して悟ることができた。

 

学ぶことがなければ死ぬまで一生知ることができなかった、神様の心。

そんな先生の御言葉を通して神様の心を知ったから、

学び、祈り、神様に近くして、

神様の心をいつも隣で温めて差し上げる、そのような人生を生きたいです。

神様の心が寒くなってしまうことが、もうこれ以上ないように。

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはなし作るの、ちょ~~たのし~☆

よつばのみことばマンガ☆「イエスさまってどんな人?」

関連記事

  1. 理系の人たちが聖書に抱くイメージ①

    職場でのランチ中に、いろいろあって聖書の話題になったときのお話。うちの職…

  2. はじめまして、シロです^^

    はじめまして、シロです摂理に出会い、私の心に起きた変化、成長したこと、そして今も現在進行形で起きて…

  3. 負けてあげる人が 大きな人です

    忙しくなって しんどくなると人はつい 怒りっぽくなります・・・相手のまちがいも 許せなくなり…

  4. PCと「考え」のアップグレード☆ミ

    生来機械オンチの私。PCなんてネットに繋がれば何でもいいと思っていました。しかし…

  5. 「やくわり」のちから

    子供たちにダンスを教える中でひとつ、気付いたことがありました。子供たちの…

  6. 神様をよく信じることとは

    神様をよく信じる人って、どういう人のことを言うだろう。聖書をたくさん読む人かな。…

  7. 聖書を読んで20180105

    狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。 命に…

  8. だれかによくしてもらったことは

    「だれかによくしてもらったことも実際は 神様がしてくれたことが多い。」御言葉で 神様が教えて…

PAGE TOP