御言葉を行なう時の 注意事項

御言葉は いろんなことを教えてくれる。

どうして かなしくなるのか。

どうして 怒っちゃうのか。

どうして 神様を知らないといけないのか。

ほんとは なにが必要なのか。

ほんとのしあわせは なんなのか。

 

これまで知りもしなかったことを

教えてもらって

これまでどうしようもなかったことが

ほんとに どうにかなって

御言葉の力を 実感して

御言葉でおしえてもらったこと がんばろうって思う。

 

そんな人たちが 摂理にはいっぱいいる。

 

世界には いろんな人たちがいる。

赤ちゃんから おじいちゃんまで

日本から 地球の反対のブラジルまで

もう 個性のワンダーランドだ。

 

そんなあふれる個性人たちに

神様は たった1つの御言葉を送ってくれる。

 

どういうことか?

御言葉は 公式のようなもの。根本。

ここから「自分だけの答え」をもらうのだ。

 

どうやって?

お祈りで 神様に聞いて 相談するのだ。

 

御言葉は「目指すべきところ」を教えてくれる。

でも すぐにそこに到達できるわけではない。

 

神様の法則の1つ

「どんなことも 一度にでなく 1つずつ」。

 

今の 自分の成長度 生活環境

仕事 体力 性格も 総合的にみて

「今の自分にぴったりな答え」をもらうのだ。

 

今の実力より「もうちょっと」がんばるレベル。

これが だいじなのだ。

 

そして 休むべき時は かならず休むことだ。

ただ休むのでなく 「次のために」休むのだ。

 

いろんな人がいるけど 御言葉はたった1つだから

「やりなさい」のひとことも

神様がその人に やってほしいことは

人それぞれなんです。

 

ある人には もっとがんばってほしいけど

ある人には 休んでほしいこともある。

 

そして ほんとに いっしょにやりたいのだ。

 

神様といっしょに暮らすのに いちばんの障害が

「自分の妄想 自分の誤解」だ。

 

自分の「こうあるべき」「こう思われてる」が

神様の声を さえぎってしまうのだ。

 

御言葉で お祈りで

神様が いちばん先に 願っていることは

「誤解をなくすこと」なのかもしれない。

 

誤解をなくして

ほんとに 心をぴったり合わせて。

 

そうしたら 心にしぜんと

神様がくれる「自分だけの答え」が

届けられるんだと思います。

 

心に答えを感じたら

「確認」もしてみてくださいね^^

 

これでオッケーですか?

 

オッケーなら 「よし やってみなさい」と

心に感動をくださいね。

 

ダメなら 心にひっかかりを

感じさせてください。

 

わからなくて やっちゃったら

うまくいかないように 止めてくださいね。

 

どんなお祈りも ちゃーんと聞いて

ちゃーんと 働いてくれる神様を

信じて 感じてみてくださいね。

 

御言葉を行なう時の 注意事項。

これは 個人の文章で 御言葉でないから

当たりもあれば はずれもあります。

 

なので これまた 注意して読んでくださいね。

答えはいつも 神様から☆です^^

 

「誤解がなくてこそ 羽を広げて飛び回り

すべきことが できるようになる。」

(摂理 主日の御言葉より)

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雲がすきです。

ロイヤルミルクティー選手権☆―あなたはどのコンビニ派?

関連記事

  1. 親子でハマった 胸が熱くなるアニメ

    こどものころ よくアニメを見ていた。スポーツはまったく得意でないがは…

  2. 摂理の女子がクリスマスについて思うこと

    イルミネーションにクリスマスソング、おいしいごちそう。クリスマスはとても心…

  3. 誰にでも持って生まれた「宝」がある!

    ―自分には持って生まれたものが一つも無い、そう思っている人がいるだろうか。…

  4. 人生の道を委ねて

    人生の道。摂理の御言葉に出会う前は、怖い怖い道でした。&nbsp…

  5. くりかえし行なえば、太陽のように輝く

    いつも私たちに御言葉を伝えてくださる鄭明析(チョン・ミョンソク)先生。…

  6. 摂理は「進路の自由を制限するところ」なのか③

    ―イエスは自分を信じたユダヤ人たちに言われた、「もしわたしの言葉のうちにとど…

  7. 叶うはずのない夢が、摂理で叶った

    これから「夢」の話をしよう。ということで摂理で信仰生活を始めてから今まで…

  8. 「時」を掴めていない人の実相

    冷蔵庫に入れていた、使いかけのしょうが。そろそろ使いきらなきゃと思いつつ、…

PAGE TOP