「よい」か「わるい」か分かる方法

自分では「よいこと」をやっているつもりでも

本当に「よいこと」かどうか、分からないことがあります。

 

ある人はこう言って、他の人はああ言って

人の考えも、自分の考えもあてにならず

なにが正しいのか、分からなくなることあります。

 

「よいこと」「わるいこと」をちゃんと教えてくれるのは

すべてを分かる、神様だけです。

 

では、目に見えない神様に、どうやって教えてもらうんですか?

 

神様は、まず御言葉で見分け方の「土台」を教えてくれます。

どんなことが「よいこと」で、どんなことが「わるいこと」か。

 

でも、実際の生活では、本当にいろんなことが起きるから

御言葉だけで判断するのは、なかなか厳しいものです。。

 

そこで神様は、その状況状況で、目に見えるように教えてくれます。

自分の行ないを通して、他人を通して、万物を通して。

 

そして、こうおっしゃいました。

「神様は、<よいこと>は「よいもの」で見せてくださり

<わるいこと>は「わるいもの」で見せてくださる。」

 

たとえば、シロが自分のやったことに自信がない時。

空を仰ぐと、あたたかな日差しが目に入りました。

 

神様の温かなまなざしと、はげましを感じました。

 

「この調子でいいんだ。 めげずにがんばろう。」

そう思うんです。

 

また、娘のよつばに何か言った時。

よつばが素直に「うん」と言ってくれたら、OKサイン。

逆にプイっとしたり、涙を流したら要注意 (>_<)

 

心の中で、「私がまちがっていたら教えてください~」と

神様に泣きつきます (-_-;)

 

少しずつ、心に正しい考えが浮かんだら、すぐに訂正して謝って。

 

でも、こどもが泣くからと言って、まちがっていない時もある。

「やっぱり、この子に必要なことだ」と心で感じたら

涙に不安にならずに、心落ち着かせて、その子を待ってあげて。

こどもも、少しずつ受け入れて、笑顔が戻ってきます^^

 

自然や、出来事や、だれかの反応や、自分の良心のひっかかりで

生活の中の1つ1つにも、ちゃんと答えてくれるんですね。

 

「自分が知ろうとする時、神様は<啓示>を見せてくださる。」

 

大事なことは、いつも自分が「神様」に聞いてみること。

神様のきもちを、知ろうとすること。

 

そうすれば、「よいこと」も「わるいこと」も、だんだん分かってくる☆

みんなの心に答えをあげたいと、ずっと待っている神様です^^

 

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

東北のレトロな電車駅

クリスマスプレゼントのえらび方

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP