menu

東北のレトロな電車駅

冬になり、雪が降るようになって

毎朝電車で通勤するようになりました。

 

東北のいなか町のローカル線は、1時間に1本。

それでも満員電車にならない、のんびり静かな町です。

 

レトロな駅には、手縫いの座布団と、あたたかなストーブ。

駅員さんの真心に、心がぽかぽかします。

 

座布団の1枚1枚が、とってもかわいい^^ どこに座ろうかな?

こちらの電車、ほとんどが無人駅。

乗るときはだれもチェックせず、降りるときに切符をわたすだけ。

 

だれがどこから乗ったのか、駅員さんはたずねません。

お客さんのこと、信頼してくれているから。

 

だから、乗る人もちゃんと切符を買おうと思います。

ズルをするのは、あまりにもかなしいです。

 

ほとんどの駅は、自動改札できっちりチェックされてるけど

日本には、まだこんな駅も健在しているんですね。

 

チェックされなくても、自分でちゃんと正しくできる心。

ストーブと座布団のような、あったかいやさしい心。

 

いつまでも変わらず、残っていてほしいです。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

心配ばかりしてしまう時

「よい」か「わるい」か分かる方法

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP