menu

たんぽぽと綿毛のキモチ

道端にたくさんのたんぽぽを見かけるようになりました。

SANYO DIGITAL CAMERA

娘は綿毛が大好きです。
綿毛を手にとって、思い切り「ふーっ!」とふいたり、
ぐるんぐるん回したりして、とっても嬉しそうに
綿毛を飛ばして楽しんでいます。

綿毛を見て、思いました。

1本のたんぽぽから生まれ、一緒に育てられた綿毛たち。
時が来ると、成長した綿毛たちは風にのって
それぞれの場所に飛び立っていきます。

たどり着いた場所は、たったひとり。
でも、その自分の場所で、たんぽぽとして生きていくのです。

綿毛を生んで育てたたんぽぽには、願いがありました。

「自分の場所で、私のようなたんぽぽになって、
明るいたんぽぽの美しさを見せてほしい。
そしていつか、あなたもたくさんの綿毛を生んで
その子達を飛び立たせてほしい。
この世界が、たんぽぽの美しさで満ち溢れるように。」

小さな綿毛たちは、その願いを胸に抱いて、
たんぽぽとして生きていくんだ。

神様に出会い、神様の愛を知って
神様を信じ愛して生きていく私達は、
綿毛のような人たち。

たんぽぽのような「神様の愛」を伝えたくて。
この世界が、「神様の愛」でいっぱいになってほしくて。

自分の場所で、たんぽぽとして生きていこう。

たんぽぽの中で、そう思ったシロでした^^

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

我慢せずに イキイキ楽しんでいきたいな

1日のはじまりのおいのり

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP