めちゃつよい 摂理の小学生!

シロとよつばは 東北のいなか町ぐらし。
ここには 教会もなければ 摂理の人たちもいない。
でも 毎日パソコンで 
できたてホカホカの御言葉をいただいている。

神様を感じる 自然もいっぱい。
御言葉を聞く時間は なかなかないけど
お祈りは やろうと思えば どこでもできる。

信仰生活は 結構いけるものだ。

 

でも心が もっと自由に 大きくなるためには
「自分の誤解」が 足かせになる。

この「誤解」という足かせを取り除くには
やっぱり だれかの助けが必要だと痛感する。

電話で メールで シロを気にかけ
おしゃべりしてくれる 摂理のみなさま。
ほんとうに ありがとうございます (T T)

こうして 日々助けてもらいながら
このいなか町で 毎日を過ごしています。

ところで 小学生よつばは
このいなか町ぐらしに 不自由を感じていないのか?

まわりにだれも 神様を信じている人がいなくて
さみしかったり 不安だったりしないのか?

ちょっと気になって 聞いてみました。

よつばは さらりと即答。
「まわりに摂理の人がいなくても 教会なくても
私はぜんぜん平気だよ。

そりゃあ ちょっとはさみしいけど
不安とかは ぜんぜんないよ。

だってよつばには ちゃんと神様がいるもん。」

おそるべし 摂理小学生。

小さい頃から 神様の愛の中で育つと
こんなにつよい 丈夫な心に育つのか。

見た目は 小学生ながら
その心は 大人顔負けの頑丈さ。

神様の愛ひとつが こんなに人の成長を左右する。
人って 神様の愛で すごい存在になるんだ。

小学生よつばの背中を見て 
そう思う 母シロでした。

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルージングin横濱

満喫その2

関連記事

  1. 小学1年生の授業参観、おもしろい・・・

    昨日は、小学1年生の娘の、最後の授業参観でした。最後の授業のテーマは「1年間でここまで大きくなっ…

  2. おやつの時間 ~こどものおやつをかわいく☆~

    毎日おなかを空かせて帰ってくる娘に出すおやつ。おうちの普通の材料でも、ほんの少し遊び心で用意…

  3. まずは 認めてあげることが大事です。

    どんな人も かんぺきな人っていなくてみんな なにか1つは 直すべきことを持ってます。&nbs…

  4. おばあちゃんのおかき

    大好きなおばあちゃんから、メールが届きました目が悪くて、手指も動かしにくいのに、一生懸命打ってく…

  5. 自分に自信のない人に おすすめの絵本^^

    冬の週末は、おうちの中で過ごすことがほとんど。そこで、図書館で絵本を借りてきました。「チューリ…

  6. 専業主婦だった私が、6年ぶりに仕事をはじめた理由。

    東北在住 アラフォー主婦 シロ。今のパートを始めて 3年になりますが…

  7. 懐かしのプラバン☆

    プラバン。みなさんご存じでしょうか?私が小さい頃にもあった、懐かしの工作キット。娘が小学校から…

  8. 父のガン ~毎日の積み重ねが、先につながる~

    今日 うれしい知らせが ありました。今年の夏に 父にガンが見つかり…

PAGE TOP