白い服がすきです

一番すきな色は、白です。

でも昔は、白い服は苦手でした。

 

白だと、汚れが目立ってしまう。

汚さず使う自信もなくて

汚れを落とすことも面倒で

白い服はあまり着ませんでした。

 

でも、摂理に来てから

白い服がすきになりました。

 

白は、汚れを一番よく教えてくれる。

汚れが分かるから、ちゃんと落とせる。

今度は汚さないように、気をつけます。

 

白い服だと、自分をきれいにできる。

 

まだ娘が幼い時に着ていた、白いスカート。

よく見ると、いろんなシミがありました。

 

ジュースがこぼれた時のシミ。

料理中にこぼしたソースのシミ。

外で遊んでいる時に汚れたシミ。

 

あの時は、白い服を着ていても

汚れにも気づかず

汚れもちゃんと落とせずいました。

 

自分の汚れ、ちゃんと見れませんでした。

 

でも、人って成長するんですね。

 

今は、自分の毎日の汚れにも

これまでつけてきたシミにも

気づけるようになってきました。

洗い方も、分かってきました。

 

御言葉のおかげです。

 

神様がくれた、白い服。

これからは汚さないように、と言いたいけど

今はまだ、ちょいちょい汚してしまいます。

 

汚してもシミにならないように

すぐに、ちゃちゃっと洗いますね。

がんこな汚れは、根気よく洗っていきますね。

 

神様がくれた白い服、いつもきれいにしたいです。

 

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不器用ママのふたり ~1年の変化~

瀬戸内のおいしいおみやげ

関連記事

  1. いざ、よつばのマンガ道場へ☆

    こんにちは よつばでーす!!この間 母のシロちゃんが「よくそんな…

  2. うれしいことも おそれることも 自分の心からくる

    娘が毎週おたのしみにしている番組があります。北欧の山の中で生活する、元気な女の子が登場するアニメです…

  3. 天の前で美しく咲く。

    新しいルームメイト、今日は送別会だったらしく、豪華な花束を持って帰ってきました。ところが、せ…

  4. 3回も。

    3回も起こったのだから、偶然といえるだろうか。相手と…

  5. ズッキーニの冷凍保存術☆

    主婦歴10年以上の シロ。安心品質で お買い得な食材にものすごい感度で 探索し…

  6. 雲がすきです。

    自分の目の高さで見える世界から広くて 大きな 空の世界に 目をやると心が なんだかホッとしま…

  7. おもしろい栗の食べ方

    田舎のおばあちゃんが届けてくれた栗をさっそく大きなお鍋で茹でたシロ。粒よりの…

  8. おじいちゃんの、あったかい電話。

    小学生よつばは おじいちゃんがだいすきです。関西でひとり暮らしのおじいち…

PAGE TOP