白い服がすきです

一番すきな色は、白です。

でも昔は、白い服は苦手でした。

 

白だと、汚れが目立ってしまう。

汚さず使う自信もなくて

汚れを落とすことも面倒で

白い服はあまり着ませんでした。

 

でも、摂理に来てから

白い服がすきになりました。

 

白は、汚れを一番よく教えてくれる。

汚れが分かるから、ちゃんと落とせる。

今度は汚さないように、気をつけます。

 

白い服だと、自分をきれいにできる。

 

まだ娘が幼い時に着ていた、白いスカート。

よく見ると、いろんなシミがありました。

 

ジュースがこぼれた時のシミ。

料理中にこぼしたソースのシミ。

外で遊んでいる時に汚れたシミ。

 

あの時は、白い服を着ていても

汚れにも気づかず

汚れもちゃんと落とせずいました。

 

自分の汚れ、ちゃんと見れませんでした。

 

でも、人って成長するんですね。

 

今は、自分の毎日の汚れにも

これまでつけてきたシミにも

気づけるようになってきました。

洗い方も、分かってきました。

 

御言葉のおかげです。

 

神様がくれた、白い服。

これからは汚さないように、と言いたいけど

今はまだ、ちょいちょい汚してしまいます。

 

汚してもシミにならないように

すぐに、ちゃちゃっと洗いますね。

がんこな汚れは、根気よく洗っていきますね。

 

神様がくれた白い服、いつもきれいにしたいです。

 

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不器用ママのふたり ~1年の変化~

瀬戸内のおいしいおみやげ

関連記事

  1. おもしろい髪型になりました

    直毛、硬い、多い、3拍子そろった髪質のシロ。少し伸びるとずっしり重たくなって…

  2. デコ

    電車好きの弟のトラ君が撮った写真に私がデコしました。はじめてやったよ…

  3. 私、ちゃんとしてますか?

    ずっと 「ちゃんと生きたい」と思っていました。…

  4. 「シロ」という名前、ある夢で決めました。

    私のペンネームに決めた名前、「シロ」。この名前、実はこんないきさつがあるんで…

  5. ホンモノの友情のあり方。

    例えば何か大事な大会や行事に向けて、大切な親友と一緒に出る約束をして準備…

  6. 「だいじょうぶ」のチカラ

    やりたい心が 出ない時もういいやって あきらめる時自信がなく…

  7. もうすぐ

    この間まで日陰がオアシスだったけど今は日向がとっても…

  8. かわいいシロツメクサ

    道端や芝生に かわいいシロツメクサをいっぱい見かけるようになりました…

PAGE TOP