おじいちゃん特製☆愛情たっぷりカレーのレシピ

お盆休みに 家族3人で

関西の実家に 帰省しました☆

 

主人のお父さんは ひとり暮らし。

いつもしずかな おうちの中が

ドヤドヤと にぎやかになります^^

 

「暑い中 たいへんやったやろ」

そう言って おおきなスイカを

切ってくれる お父さん。

 

あまくて さっぱりして

体も心も うるおいました。

 

おなかをすかせた 私たちに

お父さんが 腕によりをかけて

特製カレーも 作ってくれました☆

 

お肉が大好きで 辛いものが苦手な

よつばの好みを よーく 覚えてくれていて

 

カレーも いつもとは一味違う

特別バージョンです!

(台所の脇で お父さんの料理を

のぞき見するのが ひそかな楽しみ…)

 

<おじいちゃん特製☆愛情たっぷりカレー>

1)薄切り牛肉、じゃがいも、にんじん、たまねぎを

油をひいた鍋に入れて よーく炒める。

 

2)ルーの箱の分量よりも お水を少なめにして

水を加え 具材がやわらかくなるまで煮る。

 

3)2)にカレールーを入れて溶かし

はちみつをお好みで加え クツクツ煮込む。

 

4)3)にウスターソースも加えて さらに煮る。

 

5)炊き立てごはんに カレーをかけて 完成☆

 

「はちみつ」と「ウスターソース」が

おじいちゃんカレーの 決め手でした!

 

はちみつで 辛さが マイルドになって

ウスターソースの スパイシーさが

カレーの味に 深みをあたえてくれます☆

 

お水の分量を 少なめにしたので

煮る時間が短くても ドロッと濃いカレーに☆

 

ホント おいしかったです~~~ (>ω<)

 

 

おじいちゃんに話しかけることが

はずかしくなった お年頃のよつば。

 

言葉は 少なくなったけど

カレーを おいしそうに パクパク食べて

「わたし おかわり!!!」と

元気に 台所に向かっていきました。

 

その後ろ姿に おじいちゃんも ニッコリ^^

 

 

たのしい うれしい 帰省の時間でした。

お父さん ありがとうございます。

 

私も お父さんのカレーレシピ

今度 作ってみよっと☆

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出のしゃけのおにぎり

おはようの詩「カッコいい自分」

関連記事

  1. 粉もの保存方法のいろは☆

    食品がいつまで食べられるのか、どう保存したら良いか、お子さんのいるご家庭…

  2. おうちで☆プチ雪まつり

    冬になると、日本の各地ではじまる「雪まつり」☆雪で作られた壮大な作品、細…

  3. 忘れてしまう・・・そんなときは

    そのときは「よしやるぞ!」と心に決めても他のことをやっているうちに ぼや…

  4. 3回も。

    3回も起こったのだから、偶然といえるだろうか。&…

  5. 運動好きな子に育てよう☆大学生の挑戦

    子どもはもともと、動くことがとても大好き。そんな子どもたちを元気いっぱいに…

  6. 子どもがとっても楽しくなる会話

    教会から遠く離れて住んでいる娘と私。普段はなかなか教会の方たちと会うことが…

  7. サプライズorプレミアム?チロルチョコの変わりダ…

    職場の後輩ちゃんが、とんでもないお菓子をくれた。…

  8. 父のガン ~毎日の積み重ねが、先につながる~

    今日 うれしい知らせが ありました。今年の夏に …

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

3人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP