「摂理」を心配されている方へ

「摂理」は、私たちがこれまで学校や日常生活で

教えてもらえなかったことを、教えてくれます。

 

「摂理」は、神様のことを教えてくれます。

 

漢字や計算は、一生懸命教えてもらったけど

「神様はいるんだよ」とは、教えてもらいませんでした。

 

私たちは、親や学校で教えてもらったことは、そうだと信じます。

また、みんなが「正しい」と認める人の発言も、そうだと信じます。

 

でも、周りの人はほとんど知らない、自分が聞いたことがない

そんな「得体が知れない」人の発言は、すぐに信じません。

 

本当に自分が信頼するものだけ信じること。

まちがったものは信じず、受け入れないこと。

それは、自分を守るための当然の生き方だと思います。

 

でも、一度考えてみてください。

親や学校や日常生活で学ぶことだけが

「私たちにとって必要なこと」でしょうか。

 

本当に必要なこと、本当に今の状況だけで

学べているのでしょうか。

 

「摂理」は、私たちの今の生活では分からないこと、

だれからも教えられなかったことを

はじめて、私たちに教えてくれる場所です。

 

目には見えない、神様のこと。

私たちを創造してくださり、毎日、私たちを愛して

今もずっと、御言葉を送り続ける神様のこと。

 

日本では、仏教や神教は馴染みがあるから

その「神様、仏様」を信じることは抵抗感がないかもしれません。

でも、聖書に基づく「神様」を信じることは

あまりにも唐突で、信じることは易しくないです。

 

また、「神様を信じる必要性」も学んだことがないから

「神様を信じること」自体、とてもむずかしいです。

 

それでも、神様はちゃんと存在しています。

ちゃんと、私たちを愛してくれています。

 

私たちは、神様の愛がなければ生きていけないから

ちゃんとそのことを教えてあげないといけない。

私たちが、自分を生かすために。 みんなと平和にできるように。

「本当のしあわせ」の中で、ずっと生きていけるように。

 

そのことを教えてくれる場所が、「摂理」です。

 

学問も、文化も、理想的なものに至るまでには

時間がかかるように、神様の教えもそうです。

 

これまではそのような「学びの場」がなかったけど

長い年月をかけて、今ようやく、ここまで来ました。

 

「知らないから、分からないのだ。

だから教えてあげないといけない。」

 

知らない私たちに、教えに来てくれたんです。

 

摂理の御言葉を伝えてくれる、鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師は

なんの権威も、後ろ盾もない方です。

ひとりの、貧しい青年でした。

その人のことばを信じることは、そうそうできるものではないでしょう。

 

でも、その人が本当に正しいかどうか、その人を信じていいのか

結局「その人自身」を見てこそ、分かるものです。

 

「その人」を見て、「その人のことば」を聞いて

「自分が感じたこと」が、一番信じることができるのです。

 

今、摂理で御言葉を学んでいる私たちは

ひとりひとりが「自分が感じたこと」を信じて

自分から学びたくて、ここにいます。

 

最初は知らないから、御言葉の学び方や、生活の仕方など

自分のために「すべきこと」を教えてもらいます。

 

でも、その「すべきこと」をするかどうかは

いつも「本人の意志」で決めてもらいます。

 

神様は、決して押し付けないのです。

無理やり自分の思いどおりにさせても

それは「たださせたこと」にすぎないから。

 

神様は、「自ら」してくれることを願います。

「自分がしたくてすること」が、本物だから。

 

私たちが「自ら」できるように

本当に1つ1つ、私たちのレベルに合わせて

やさしく、あたたかく、正しく教えてくれる御言葉。

こどもを初めから最後まで育てる、父や母のように。

 

その正しさと、あたたかさを、心ではっきり感じたから

私は今も、これからも、御言葉を学んでいきます。

 

私は、摂理の教会のない場所で生活しています。

摂理のメンバーの方とお会いすることも、ほとんどありません。

御言葉は、いつもインターネットで拝見しています。

 

インターネットのおかげで、こんな場所でも

毎日御言葉を聞くことができます。

でも、自分からパソコンを開かなければ

だれも御言葉を教えてくれる方はいません。

 

自分さえ聞きたければ、聞くことができる御言葉。

自分が聞こうとしないと、聞くことはできない御言葉。

 

いつも、「自分の意志」なのです。

 

「摂理」というものに、「御言葉」を学ぶことに

抵抗感を感じていらっしゃる方に

私たちの思いを届けたくて、この文章を書きました。

 

つたない言葉ですが、これからも伝えていきたいです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。12歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てと家事の両立・・・

「摂理ママの育児ブログ」のススメ

関連記事

  1. My favorate story of 鄭明析…

    私は摂理に来る前に2回、「自分がいなくなる祈り」をしたことが…

  2. 摂理の公式サイト de 自分を知る!

    摂理こと、キリスト教福音宣教会にはとってもすてきな公式サイトがあります…

  3. ずっと探していたもの

    大学のとき、アルバイトに励んでたシロ。家庭教師に、お好み焼き屋さんに、パ…

  4. 中学時代‐学校で教わるキリスト教にがっかりしたこ…

    中学時代‐学校で教わるキリスト教にがっかりしたこと①--約1週間後に、…

  5. ひとりランチに☆キムチの残り汁deそうめん・レシ…

    先日、大好きなそうめん「揖保の糸」をいただきました☆といっても、主人も娘も…

  6. 理系の人たちが聖書に抱くイメージ②

    職場でのランチ中に、いろいろあって聖書の話題になり彼らの話はまだまだつづ…

  7. 子連れ主婦の はじめての礼拝!?

    忘れもしない シロがはじめて礼拝にいった日。「シロちゃん…

  8. 私が摂理を慕うワケ◎

    教会のメンバーと一緒にバスで移動しているとき。鄭明析牧師の尊敬するところ…

PAGE TOP