menu

生きづらさを感じる人へ。上手く生きるために必要な、たった1つのこと

人は 自分ひとりでは

上手く生きることが できません。

それは 心と考えが あまりにも 

コロコロ 変わってしまうからです。

その時は やろうと 決心しても 

その時は うれしく 感謝しても

時間が経てば 心が変わるのは

忘れてしまうから」です。

過ぎた日に 神様が

自分にしてくれたことを 忘れて

現実に 自分が見て 接するものが

あまりにも 多くて

目の前のものに 溺れてしまって

心が流れて 生きてしまうからです。

それによって 心と考えが

だんだん 変わっていくから

自分の力だけでは

上手く生きることが できません。

どうやったら 上手く生きること

幸せに生きることが できるのでしょうか。

それは 過ぎた日に

<神様が 共にしてくださったこと>を

考えること」です。

現実で 接するものでは

神様を感じる雰囲気が 漂わないので

現実では 自分が考えない限り

神様を感じることが できないのです

だから 自分が 忘れずに

過ぎた日のことを 考えることです。

自分が 神様を 考えれば

神様の手を 握ることになるのです。

そのように 手を握った人は

問題はあっても 大変ではあっても

心が コロコロ 変わりません

上手く生きる」というのは

変わりやすい 世の中でも

変わらずに 笑って 生きること

だれでも 過ぎた日

本当に つらい時が ありました。

どこに 助けを求めていいか 分からず

本当に 苦しい時が ありました。

その時に 神様が 生かしてくれた

すべてのことを 忘れないで

いつも考えて 喜んで生きてください。

過ぎた日に 神様が 自分に

行われたことを 忘れたら

現実で 感謝ができません

どんな日も 忘れない人が

「過ぎた日の 感謝」を 手にして

現実が どうであっても

変わらず 上手く生きる人に なります。

(2021年4月4日 主日の御言葉より)

「心の悩み」シリーズはコチラ

<1日の振り返り>を習慣にして苦手を克服!

中学生よつばマンガ「かなり恥ずかしい話…」

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP