相手に分かってもらうには

相手になにか教えてあげたい時、

「これちがうよ、これが正しいよ。」と直接言うと

相手はプンと怒ったり、心が傷ついたりします。


機嫌が悪かったり、自分のことしか見えていないと

いくら正しい言葉でも、その人の心に届きません。


主人が職場の人のことで怒っている時。

主人の怒りをおさめたくて、やさしい心になってほしくて

主人を直接諭そうとしても、うまくいきません。


そんな時、私は自分の失敗談を話します。


主人が腹を立てているだれかと同じように

私もそんな風にしちゃったことあるなぁって。


幼くて、分からなかったんだよねって。

そんな時、自分にもあったよねって。


主人はしばらくだまって聞いて、

「おれも確かに、そんなことやってたわ。」

と言いました。


職場の人のことを怒る心が、ゆるす心に変わっていきました。



神様が教えてくれました。

「直接<ストレート>に話したら、気分を悪くしたり、心を痛めます。

 だから神様は、<比喩>を使って、隠密に話すんです。

 その人がよく理解できる言葉で。その人に合ったものを使って。

 <比喩>を使ったら、本人が自ら悟って、認めるようになります。」



その時、その人に合った<比喩>。

それは、だれかの体験談だったり、自然現象だったり、

ニュースだったり、生活のささやかな一コマだったり。


その<比喩>を通して、自分自ら「自分のこと」を

悟れるように導いてくれる。


まるで<比喩>は、鏡のようです。

自分では見えず、分からないものを、心に映してくれます。


<比喩>だから、心の深くに入っていけるんだ。

相手に分かってもらうには、<比喩の力>!ですね^^



神様がどれだけ自分を愛してくれているのかも

生活の中で、<比喩>を使って教えてくれています。


あたたかい日差しで、白い大きな雲で、かわいい草花で

だいすきな音楽で、だれかのやさしさ、だれかの笑顔で。


こんなにも愛してるよって、いつも教えてくれてるんです。


神様の比喩、神様の愛、もっともっと分かりたいな^^

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕のねがいごと

最近出会ったおいしいもの☆

関連記事

  1. 気にしなくていいとこ & 気にしてほし…

    娘よつばに ドキッとすることを言われました。「私の気にしてないとこを お…

  2. 一生懸命話してくれる こどものように

    こどもって 自分のことを話すのがだいすき。自分からおしゃ…

  3. いま、ここにいる人

    娘とのおふろの時間に、こんなことがありました。お湯につかって1日の疲れが…

  4. どれだけ愛されてるか 知ってますか?

    摂理に来て はじめて知りました。私が 愛されてるんだってこと。&nb…

  5. 我慢せずに イキイキ楽しんでいきたいな

    私は学生の頃、写真を撮ることが大好きでした。本を読むことが大好きでした。…

  6. ダメだと思う時に読んでほしい、たった1つのこと

    東北のいなか町に住む主婦、シロ。実は最近、家出をしようとしました。仕事が忙し…

  7. 仕事に疲れた時に 思い出したいこと

    好きなことを やってみよう。自分が楽しめること やってみよう。&nb…

  8. 神様にとって、大きなもの。

    月明洞で、一人で賛美をしていた時。心ではただひたすら神様に栄光を帰そうと…

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP