相手に分かってもらうには

相手になにか教えてあげたい時、

「これちがうよ、これが正しいよ。」と直接言うと

相手はプンと怒ったり、心が傷ついたりします。


機嫌が悪かったり、自分のことしか見えていないと

いくら正しい言葉でも、その人の心に届きません。


主人が職場の人のことで怒っている時。

主人の怒りをおさめたくて、やさしい心になってほしくて

主人を直接諭そうとしても、うまくいきません。


そんな時、私は自分の失敗談を話します。


主人が腹を立てているだれかと同じように

私もそんな風にしちゃったことあるなぁって。


幼くて、分からなかったんだよねって。

そんな時、自分にもあったよねって。


主人はしばらくだまって聞いて、

「おれも確かに、そんなことやってたわ。」

と言いました。


職場の人のことを怒る心が、ゆるす心に変わっていきました。



神様が教えてくれました。

「直接<ストレート>に話したら、気分を悪くしたり、心を痛めます。

 だから神様は、<比喩>を使って、隠密に話すんです。

 その人がよく理解できる言葉で。その人に合ったものを使って。

 <比喩>を使ったら、本人が自ら悟って、認めるようになります。」



その時、その人に合った<比喩>。

それは、だれかの体験談だったり、自然現象だったり、

ニュースだったり、生活のささやかな一コマだったり。


その<比喩>を通して、自分自ら「自分のこと」を

悟れるように導いてくれる。


まるで<比喩>は、鏡のようです。

自分では見えず、分からないものを、心に映してくれます。


<比喩>だから、心の深くに入っていけるんだ。

相手に分かってもらうには、<比喩の力>!ですね^^



神様がどれだけ自分を愛してくれているのかも

生活の中で、<比喩>を使って教えてくれています。


あたたかい日差しで、白い大きな雲で、かわいい草花で

だいすきな音楽で、だれかのやさしさ、だれかの笑顔で。


こんなにも愛してるよって、いつも教えてくれてるんです。


神様の比喩、神様の愛、もっともっと分かりたいな^^

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。12歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕のねがいごと

最近出会ったおいしいもの☆

関連記事

  1. できなくても やってみよう

    神様は、御言葉で教えてくださいました。人生は、海のよう。人間は、船のよう…

  2. 神様が心配なこと

    神様は、私たちをよく心配されます。目に見えるものにばかりを気にして目に見える…

  3. 分からない時は・・・これです。

    生活の中で、自分の判断では分からないことが色々とあります。たとえば週末…

  4. 一生懸命話してくれる こどものように

    こどもって 自分のことを話すのがだいすき。自分からおしゃ…

  5. 人のものを うらやましく思う時

    だれかがとなりで 宝くじを当てたりだれかがとなりで すごいと称賛を浴びた…

  6. 1分のお祈りメモ「②ここはハッキリと」

    お祈りで よくある 2つの悩み・・・1.ひとりで あれこれ…

  7. これまでを忘れず 疎かにしないこと

    毎日過ごす生活、1日として同じ日はなくて、毎日何か「新しいもの」に出会いま…

  8. 近いものばかり見てると 遠いものが見えなくなる

    この間、小学校の社会見学に参加してきました^^私が担当のグループは、メガ…

PAGE TOP