摂理は「進路の自由を制限するところ」なのか②

摂理の「してはいけない」「しなさい」の御言葉は<神様の法>であるが

鄭明析牧師の表現をお借りするならば「羊を守る柵」と同じだ。

o0450059911972346971

羊が柵を越えたらどうなるだろうか。野獣やオオカミに追いかけられ、食い殺されるだろう。

<存在の法>というラインを越えたら苦痛を受けるから

神様は「法通りに生きてこそ肉も霊も栄える」とおっしゃるのだ。

 

だからといって、御言葉に従う人たちが囚人のごとくギュウギュウに制限されているのかというと、それも間違い。

柵の中の羊は自由に寝たり食べたりしているように、

自分を守ってくれる柵の中で、保護を受けながら自由に生きなさい

というのが聖三位のおっしゃりたいことだった。

存在の法を知らなければ生きられないから、まずは御言葉をしっかり学ぶことは必須だ。

 

その法の中で生きることを前提に、与えられた個性の通りに聖三位をお迎えし

自由に生きるところ。

これが摂理という世界なのだ。

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢に向かって☆クッキー作り

不器用ママのふたり ~おたんじょうび~

関連記事

  1. 心の貧しい人たち、心の清い人たち

    生活の中で 思うことがあります。神様を 信じていなくてもものすご…

  2. ふぞろいのいちごと私と摂理

    私の実家のような田舎では、都心のスーパーではなかなか見られない 「はねだし野菜」 を見ることができま…

  3. 誰にでも持って生まれた「宝」がある!

    ―自分には持って生まれたものが一つも無い、そう思っている人がいるだろうか。それは、自分のそういっ…

  4. 小さな珍客

    小学生の子どもたちが夏やすみに入り、学童に朝から来ています。学童…

  5. 神様を温めて差し上げる人。

    木枯らしの吹く寒い日にふと思った。自分にもし大切な人がいたなら、こんな日にはどうやって寒くないよ…

  6. はじめまして、シロです^^

    はじめまして、シロです摂理に出会い、私の心に起きた変化、成長したこと、そして今も現在進行形で起きて…

  7. どんなお天気でも いつもいっしょに笑って☆

    今日のお天気は、おもしろいぐらい変わりやすいです。ものすごく晴れていると思っていたら雨がジャーッと…

  8. 「やくわり」のちから

    子供たちにダンスを教える中でひとつ、気付いたことがありました。子供たちの…

PAGE TOP