摂理は「進路の自由を制限するところ」なのか②

摂理の「してはいけない」「しなさい」の御言葉は<神様の法>であるが

鄭明析牧師の表現をお借りするならば「羊を守る柵」と同じだ。

o0450059911972346971

羊が柵を越えたらどうなるだろうか。野獣やオオカミに追いかけられ、食い殺されるだろう。

<存在の法>というラインを越えたら苦痛を受けるから

神様は「法通りに生きてこそ肉も霊も栄える」とおっしゃるのだ。

 

だからといって、御言葉に従う人たちが囚人のごとくギュウギュウに制限されているのかというと、それも間違い。

柵の中の羊は自由に寝たり食べたりしているように、

自分を守ってくれる柵の中で、保護を受けながら自由に生きなさい

というのが聖三位のおっしゃりたいことだった。

存在の法を知らなければ生きられないから、まずは御言葉をしっかり学ぶことは必須だ。

 

その法の中で生きることを前提に、与えられた個性の通りに聖三位をお迎えし

自由に生きるところ。

これが摂理という世界なのだ。

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢に向かって☆クッキー作り

不器用ママのふたり ~おたんじょうび~

関連記事

  1. 永遠に消えないしるし

    何かをメモしたいけど手元にすぐ紙がないとき私は未だに小学生のごとく「…

  2. やる習慣をつける週間なう♪

    私は、小さなことを毎日こつこつ続けて行うことがすごーく苦手です。&n…

  3. 理系の人たちが聖書に抱くイメージ①

    職場でのランチ中に、いろいろあって聖書の話題になったときのお話。&n…

  4. “ルームシェア”と…

    男性と女性、こういうところが違うのね~と思った出来事をひとつ。…

  5. だれかによくしてもらったことは

    「だれかによくしてもらったことも実際は 神様がしてくれたことが多い。」…

  6. ローカル線で行く、養老渓谷ぶらり「対話」の旅♡

    千葉といえば海のイメージが強いですが、内陸に行けば涼やかな渓谷を楽しむこ…

  7. 理系の人たちが聖書に抱くイメージ②

    職場でのランチ中に、いろいろあって聖書の話題になり彼らの話はまだまだつづ…

  8. たった1つが、とってもうれしい

    この町で、ひとりのお友だちができました。私とほぼ同い年の、気さくで笑顔がステ…

PAGE TOP