摂理は「進路の自由を制限するところ」なのか②

摂理の「してはいけない」「しなさい」の御言葉は<神様の法>であるが

鄭明析牧師の表現をお借りするならば「羊を守る柵」と同じだ。

o0450059911972346971

羊が柵を越えたらどうなるだろうか。野獣やオオカミに追いかけられ、食い殺されるだろう。

<存在の法>というラインを越えたら苦痛を受けるから

神様は「法通りに生きてこそ肉も霊も栄える」とおっしゃるのだ。

 

だからといって、御言葉に従う人たちが囚人のごとくギュウギュウに制限されているのかというと、それも間違い。

柵の中の羊は自由に寝たり食べたりしているように、

自分を守ってくれる柵の中で、保護を受けながら自由に生きなさい

というのが聖三位のおっしゃりたいことだった。

存在の法を知らなければ生きられないから、まずは御言葉をしっかり学ぶことは必須だ。

 

その法の中で生きることを前提に、与えられた個性の通りに聖三位をお迎えし

自由に生きるところ。

これが摂理という世界なのだ。

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢に向かって☆クッキー作り

不器用ママのふたり ~おたんじょうび~

関連記事

  1. おかあさんは とっても美しい

    おかあさんは、朝からいろんな働きをします。玄関まで行って新聞を取りに行き朝ご…

  2. 摂理は「進路の自由を制限するところ」なのか③

    ―イエスは自分を信じたユダヤ人たちに言われた、「もしわたしの言葉のうちにとど…

  3. 年の始めの母の預言

    sakuはどちらかというと世話好きな性格ですが、sakuの母も非常に世話…

  4. 今日も忘れず、「ちょっと待った!」

    今日は2つの用事があって、自転車に乗って目的地を目指しました。1つ目の…

  5. 子育て中のおかあさんへ☆7つの御言葉

    摂理には、とってもかわいい子供達がたくさんいます鄭明析先生は、子供達が神…

  6. いつも心に入れておきたい、10の教え。

    これまで たくさん 学んできた聖書の 大切な 教え。&nbs…

  7. くりかえし行なえば、太陽のように輝く

    いつも私たちに御言葉を伝えてくださる鄭明析(チョン・ミョンソク)先生。…

  8. 「もうすこし」を積んで「いつもできる」人になる

    こんな自分でいたい こんな自分を直したい。そう願うけど …

PAGE TOP