靴の中の招かざる「お客さん」が教えてくれたこと

私の職場に行くまでの道のりは、ちょっとした田舎道。

その道端から舞い込んだのか、朝から靴の中に何かゴミが入っているような感じがしていました。

 

でも今日は朝から忙しくて靴を脱いでる暇もなく、

異物感を持ち歩きながらしばらく仕事をしていたんですが…( ´_ゝ`)

 

しきりに足に当たって気になる!(T-T)

 

集中できないのでたまらず靴を脱いでみたら。

 

なーんだ、というくらいの小さな石ころでした。

直径3ミリくらい?でしたが、

こんなんでも、めちゃくちゃ気になるんですよね(*_*)踏むと痛いし~。

 

これを通して、悟りました。

 

私に小さな石ころのような「罪」があるだけで、

神様はもどかしく思われるのだなと。

それでは、

何が「罪」でしょうか?

 

盗んだり、人を傷つけたり、そのような罪は犯さなかったとしても、

神様に約束したこと、すべきことをできなかったこと、怠けたこと、それが「罪」になります。

 

しかしまぁ、日本語で「罪」というとめちゃくちゃ重いものだけを指すように思えてしまいます(^^;)

 

警察に捕まるような悪いことしてないのに、善良に生きてきたつもりなのに、一部のキリスト教に行くと「あなたには罪がある、悔い改めなさい」と言われてしまうわけですから、

日本人の「罪」という単語の認識観が、日本人のキリスト教嫌いを助長している気がしてなりません。

その上その理由もちゃんと教えてくれないのなら、どれだけ気分が悪いでしょうか。私だったら嫌です。

 

しかし、

実際は、神様の前での罪というのは

神様と人間との間に「わだかまり」がある状態のことです。

 

新郎新婦の間に少しでも「わだかまり」があるならば、本当にもどかしいです。靴に石ころが入ったまま過ごすのが苦痛なように、一緒にいることが苦痛になってしまいます。

 

神様が生活の中でずっと共にされるためには、

小さな石ころのような「ちゃんとできなかったこと」もその都度悔い改めて捨てなければならない。

そのようになりたい、なろうと思いました。

神様はいつもオープンな方でいらっしゃいますから、私たちが近づくならばその分近く接してくださいます(*^^*)

 

小さなことも神様に相談しながら、石ころ1つも隔てることなくぴったり共に生きる人生に挑戦していきたいです☆

投稿者プロフィール

アバター
saku
群馬出身、東京在住の新米ママ
大学生の時に摂理に出会い、現在は夫と子供たち(2歳0歳)と4人暮らし。
仕事は研究職、教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo

親子でいっしょに☆ほっとドリンク

いっしょに食べると おいしいなぁ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP