神様を温めて差し上げる人。

木枯らしの吹く寒い日にふと思った。

自分にもし大切な人がいたなら、こんな日にはどうやって寒くないようにしてあげられるだろうか。

 

手袋を貸してあげたり

ホッカイロ貸してあげたり

自分の手で温めてあげたり

 

自分だったらそのようにしたいなぁと思った。

その時に、思った。

神様にもそのようにして差し上げるものだ、と。

 

先生は、神様にいつもそのように接してこられた。

 

人間創造以来ずっと長い長ーい間、神様の心を真実に知ろうとする人間がいなかったから、

神様は、ずっと孤独でいらっしゃった。

人間からの愛を期待して人間を創造されたのに、いつも生活の中で神様を呼んで愛して暮らそうとする、そういう人がいなかった。

助けてあげても、その一瞬だけ感謝をして、あとは知らんぷり。そんな人間たちを見ながら、神様の心がどれ程寒かっただろう。

そんな神様の心を分かって温めて差し上げようと、鄭明析(チョンミョンソク)先生は自ら神様の御心を探し、行って、神様の心を慰める生活をなさった。

 

まるで寒い日に新郎の冷たくなった手を新婦が温めてあげるように、愛する人が寒くないようにと、

先生はそのような立場で神様に接してこられたのだなと、

寒い日を通して悟ることができた。

 

学ぶことがなければ死ぬまで一生知ることができなかった、神様の心。

そんな先生の御言葉を通して神様の心を知ったから、

学び、祈り、神様に近くして、

神様の心をいつも隣で温めて差し上げる、そのような人生を生きたいです。

神様の心が寒くなってしまうことが、もうこれ以上ないように。

投稿者プロフィール

アバター
saku
群馬出身、東京在住の新米ママ
大学生の時に摂理に出会い、現在は夫と子供たち(2歳0歳)と4人暮らし。
仕事は研究職、教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo

おはなし作るの、ちょ~~たのし~☆

よつばのみことばマンガ☆「イエスさまってどんな人?」

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP