おじいちゃんの、あったかい電話。

小学生よつばは おじいちゃんがだいすきです。

 

関西でひとり暮らしのおじいちゃんが

さみしくないように

毎晩 寝る前に 電話をかけていました。

 

でも 毎日が むずかしい時もあります。

宿題が多かったり 友達と遊びつかれて

眠たくて 電話をかけない日が

しばらく続きました。

 

「おじいちゃんに 電話かけてみたら?」

母シロから よつばをプッシュ。

よつばは あまり乗り気でない顔で

「・・・わかった」と電話をかけました。

 

10日ぶりのお電話でした。

 

おじいちゃんの第一声は

「足の具合は大丈夫??」でした。

 

前回の電話で 足をねんざしたこと

ずっと 心配してくれていました。

 

ねんざは すっかり治っていましたが

おじいちゃんの思いは ずっと続いていました。

 

「なにかうれしいこと ありましたか?」

おじいちゃんがそう聞くと

いつもなら いっぱい話すよつばだけど

今回は「ないな~」のひとことだけ。

 

普段は 聞き役のおじいちゃんが

自分から いっぱい話してくれました。

 

よつばは「うん」「へ~」「いや」の

3つの単語を 言うだけです。

 

でも おじいちゃんの声は

ずっと あったかい声でした。

 

おじいちゃんが 最後に言いました。

「よつばの元気な声が聞けて

おじいちゃん とってもうれしいです!」

 

受話器からもれる おじいちゃんの声に

なみだが出そうになりました。

 

ごぶさたの電話でも

気のない返事でも

あくびをしちゃっても

 

電話をかけてくれたことが

おじいちゃんの よろこびでした。

 

きっと 神様の愛って

こういう愛なんですね。

 

どんなにちいさくても よろこんでくれる

ほんとうに おおきな愛。

 

もっと もっと

その愛に こたえていきたいです。

 

 

おじいちゃんにも 神様にも

元気な声 届けていきたいです☆

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

「気にしやすい人」に教えたいこと

韓国の食品表示の見方☆~アレルギー表示

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP