menu

こんな時は「小さな一歩」⑤小さな私にできること

自分のすべきことをしながら待つこと

青森に住んでいた頃の話です。

娘の長靴が 雪山にはまってしまい

とれなくなってしまいました(-_-;)

それから毎日 雪山の前を通るたび

「あの長靴は どうなってるんだろう

 なんとか 無事出てきますように~」

と 心の中で祈っていました。

「春になったら出てきてほしいね。」

2人で 話していました。

それから数週間後の 暖かい春の日

「おかあさ~ん

 長靴が 半分顔を出してるよ!」

もっと 時間がかかると思っていたけど

例年にない 暖かさのおかげで

「私が思っていた時」よりも ずっと早く

長靴は 娘の元に 戻ってきました。

<神様の時>なんだと 感じました。

「すべてのことにおいて

 <神様が定められた時>がある。」

( 摂理 鄭明析牧師 の御言葉より)

自分の期待・予想・不安・心配・・・

様々な「自分の考え」によって

自分で「時」を決めつけてしまうけど

「本当の時」をご存じなのは 神様だけ。

見つけたいけれど 見つからない時

やりたいけれど できない時

自分で 時を焦らず

<神様の時>を「待つこと」

教えてもらっています。

ただ「待つ」だけではなく

「今もらっているもの」を考えて

「今のしあわせ」を 喜び 感謝しよう。

「自分のすべきこと」をしながら 待つ

その1つが 大事なんですね^^

ニュースを見てできること

いろんなニュースを 目にします。

災害 事故 かなしい事件・・・

私は なにができるだろう。

「どうか 助かりますように」

「どうか よくなりますように」

一言でも 心から思って 祈ること。

自分のための祈りより 相手を思う祈り

神様は もっと 大きく受け取ってくださる

相手を 自分のことのように それ以上に

大切に思う祈りは 愛の祈りだから。

私たちの 心からの叫びなら

神様は どんな言葉も 聞いてくださる。

小さな私にできること

今日 私にできること。

朝起きて 一番に お祈りすること。

一番初めに 考えに 神様を入れること。

これまでしてくださったことに 感謝すること。

思い浮かぶ1つでいいから 感謝します。

できなかった日を 思い出して

今はできる 自分の成長を 見ること。

まだ不完全でも ちゃんと 育っています。

大切な人のことを 思うこと。

家族 友人 お世話になった人

目に浮かぶ人を 思います。

まだ 神様のこと 知らないけど

神様に 愛されていることを知る日が

かならず 来ますように。

小さな私にできること。

小さなことだけど 

毎日 コツコツ 続けたいです。

もっと笑う顔で 神様に感謝して

もっと大きなことを探して 

自分を 大きく作ることです。

(2021年12月 摂理 主日の御言葉より)

これまでを忘れず 新しく生きること

毎日 1日が 来るけれど

1日として 同じ日はなくて

毎日「新しいもの」に出会います。

新しい情報 新しい人 新しい仕事

新しい教え 新しい悟り

自分の中に 「新しいもの」が入ると

「新しいもの」ばかりに気をとられ

これまで 大事にしていたことが

後回しになってしまったり

忘れてしまったりすることがあります。

神様は

これまで大事にしてきた土台の上に

「新しいもの」をくださいます。

「これまでのもの」を大事にする心の上に

「新しいもの」が与えられるのだと思います。

新しいもの 先にあるものばかりでなく

これまでのことを疎かにしないこと。 

新しい日々 新しい感謝が増えても

これまでの日々 これまでの感謝を

ずっと覚えて 大事にしたい。

忘れたくない 小さな1つの 心がけ。

これまでを大切に 日々新しく^^

「小さな一歩」シリーズはコチラ

「心の悩み」シリーズはコチラ

こんな時は「小さな一歩」④気分転換もたいせつ

中学生よつばのデッサン「eagle」

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP