menu

コンサートの夜に

はじめて、娘とコンサートに行きました。

親子で楽しめる、クラシックのチャリティーコンサート。

 

楽器は習ったことがないけれど、

クラシックを聴くのが大好きでした。

 

大きくなり、お小遣いでコンサートに行った時、

その生きた音に、演奏者たちの姿に、感動しました。

 

結婚して、母となり、コンサートから遠ざかっていたけど

こうして再び機会が巡ってきました。

 

1日だけの、とっても特別な夜。

 

親子で楽しめるコンサートには、特別サービスもありました。

オーケストラの楽器を、物語と曲に合わせて紹介してくれます。

1つ1つの楽器、1人1人の演奏者、1つ1つの音。

その魅力も、大切さも、教えてもらうことができました。

 

オーケストラの中には、たくさんの個性がいっぱいです。

 

そんな個性体たちが一緒に演奏する時に欠かせない、指揮者。

曲のスピードも、強弱も、すべてを治め、みんなを導きます。

体全体を使って、全体を1つにして。

 

演奏者たちは、指揮者をまっすぐ見ています。

指揮者が止まれば演奏者も止まり、指揮者が動けば演奏者も動く。

指揮者の動きに、完璧に合わせて、演奏します。

 

その一体感が、ものすごく美しかったです。

 

ある楽器が主役になる時、他の楽器たちは控えめに、

そっと主役の楽器の音色を引き立たせます。

 

主役になる楽器も、引き立てる楽器も、1つも欠かせない、

貴重で大切な存在。

 

指揮者に合わせて、それぞれの楽器を演奏してこそ

みんなが調和して、本当に美しい音楽が生まれる。

 

演奏が終わって、指揮者が、1つ1つの楽器を称え、

1人1人の演奏者に拍手をします。

演奏者たちも、お互いを称え、拍手を送ります。

 

最後のその瞬間が、私は、一番感動しました。

 

指揮者の背中に、神様を感じました。

演奏者の1人1人に、私たち人間を感じました。

 

たくさんの感動をもらった、特別な夜。

 

帰っていく人たちを見ながら、神様の声を感じました。

「ひとりひとりが素晴らしい、私が愛する人たちなんだよ。」

 

大事な、大事な、神様がとっても愛する人たち。

この声が、みんなの心に届きますように。

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

あんびるやすこさん☆

平和をおしえてくれた こどもたちの言葉

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP