摂理小学生が泣いちゃったワケ・・・

娘は、御言葉を聞くよりも、賛美の曲を聞きながら

自分で考えてダンスするのが大好きです。

 

ある日、小学校から帰ってきて

「今日は宿題半分して、お友達と遊んで

今日こそ賛美のダンスを決めるんだ!」

と元気よく言いました。

 

娘にとって、ダンスは「神様へのプレゼント」。

得意なもので、神様のために「してあげたい気持ち」なんだ。

 

でも、お友達と遊んだり、自分のすきなことをして

時間はどんどん流れ・・・あっという間に寝る時間に。

 

寝る前のお祈りの時に、娘は思い出しました。

神様のためにダンスを決めようと思っていたのに、できなかったこと。

 

娘は、枕に顔をうずめて泣いてしまいました。

 

「神様、楽しみにして待ってくれてたのに。

神様を悲しませちゃった・・・」

心の中で、そう思っていたのかなぁ。。。

 

私は思いました。

自分にも、神様のためにしようと決心して

できなかったことがたくさんあったけど

涙が出るほど、悲しんだりしなかった。

 

娘のように、神様をもっと近くに感じたいです。

 

神様のうれしそうな顔、神様のかなしそうな顔

1つ1つを感じて、共にしたいです。

 

神様だけが私を見ているんじゃなくて

私も神様を見て、いっしょに生きていきたいです。

 

 

プレゼントにこめられた真心

米ぬかおやつのレシピ☆クリスマスのバタークッキー

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP