menu

小学生の女の子のなやみ・・・

小学2年生の娘、最近ちょっと悩んでおります。

それは、お友だち付き合い。

 

お友だちと遊んでいると、

「ねえ、こうやってよ」と言われたり

「それいいな、ちょうだいよ」と言われたり

「へんなの」と言われたり。

 

お友だちの言葉に、心がチクチクして

家でぽそりと、私に話してくれます。

 

私が娘の歳の頃も、そんなことがあったなぁ。

お年頃の女の子って、今も昔もたいへんです(-_-;)

 

娘の心のつらさが、私にも伝わってきます。

 

「娘のおかあさん」の立場で考えると、

娘がかわいそうで、お友だちがひどいように思えたり・・

 

でも、ここで「ちょっと待った」!

 

神様は御言葉でこう教えてくれました。

「片方だけを見ないで、両方を見なさい。

自分の目で見ないで、神様の目で見なさい。」

 

おかあさんの目で、娘ばかり見ないで。

あたたかい目で、お友だちも見てあげて。

 

神様は、娘も、お友だちも、両方、大好きだから。

 

おかあさんの目を捨てよう。神様の目で見てあげよう。

 

そう思った時に、お友だちが娘にくれたお手紙を思い出しました。

そこには、娘へのやさしい気持ちがあふれていました。

 

おともだちのいいところを、見せてくれました。

 

そして、娘も「いいないいな」とか「これやってよ」って

同じようなこと言ってたなって思い出しました。

 

「今」だけじゃなくて、「これまで」も見せてくれました。

 

神様は、いつも先に「いいところ」を見てくれるんです。

「今」も「これまで」も見てあげて、公平に見てくれるんです。

 

いつも、両方を愛する心で、見てくれるんです。

そして、「これから」のために、どうしたらいいか教えてくれるんです。

 

娘も、お友だちも、「神様の心」で愛してあげて。

それが、「これから」のためにすべきことだよ。

 

神様、教えてくれてありがとう。

 

お年頃の女の子たちは、ただいま心が成長中です。

愛をいっぱい注いであげて、すてきな心に育ちますように☆

 

 

しゃぼん玉と青い海の絵

健康のためには、極端にしないこと。

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP