ミニ盆栽と理想世界

日本の伝統文化、「盆栽」

小さな鉢の中に、美しく神秘的で雄大な自然の景色を創り出す・・・

日本ならではの、繊細なアートです😊

 

そんな盆栽が、最近は「育てるインテリア」として、若い世代にとって身近な存在になっているらしい。

オシャレな雑貨屋さんに行くと、たまに卓上で気軽に始められるようなキットが売っていたりします。

「おじいちゃんの趣味」っぽいと思うと敬遠しちゃうけど、これならカワイイ🎵

 

素敵な形に育てるのはやっぱり素人だと難しいのかな?と思い調べてみると、

盆栽を美しく作るには、

余分な枝を切って形を整える「剪定」

見た目をより理想的に整えるために若枝にアルミ線を巻きつける「針金かけ」という作業を行うそうです。

 

ただし、美しくしようとしていじりすぎてしまうのも木に負担をかけるそうです。

特に盆栽初心者は、「針金かけ」にばかり熱を上げて、のびのび元気に育ててあげることができずに枯らしてしまいます(。´Д⊂)

針金かけは「しつけ」のようなもの。

「過度の教育ママ」のようになっては、木の本来の魅力が失われてしまうのです。

 

なんか子供を育てるのにそっくり(^.^)

 

親の立場のような育てる側、教える側はつい、自分の経験から来る考えや主観でぐるぐる巻きにしてしまいがちですが

それでは個性を殺してしまうということです。

 

間違った方向に伸びた考えは切りながら、正しい方向へ道を示してあげながら

神様がくださった個性の通りにのびのび育つように、

子供たちに接してあげたいなぁと思いました✨

 

個性が光る盆栽が互いに調和を成して美しく立ち並ぶような…

そんな社会、そんな世界を作り上げていきたいものです♪

ミニ盆栽に学ぶ理想世界~(*´ω`*)✨

 

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメなところを ひっくり返すと・・・

脳の欲しがるもの≠体が欲しいもの

関連記事

  1. 子供達が野菜を食べられたお話し

    我が家の朝は、長男クマキとクマパパが7:30ごろに出て行きます。その…

  2. おかあさんメモ ~押しつけないこと~

    最近 よつばが こう言います。「おかあさんって いつもそう言うよね。…

  3. こども先生に学ぶ*「忘れられないうれしさ」を持つ…

    うちのむすめ よつばはじーっと 一点を見てしずかになる時が …

  4. 腹持ちのよい 小学生の朝ごはん☆

    小学4年生のよつばの口ぐせ 堂々一位は「おなかすいた~」ではないだろ…

  5. こどもは「神様の目」をもっている

    こどもの目は とても澄んでいます。おとなが見逃す…

  6. 子供の作文を読むと、子供を見直す話。

    母というものはわが子のことを一番よく見ているようで実…

  7. 子どもde癒し ~おしゃべり~

    保育園で1歳児クラスの担任をしていた時がありました。…

  8. 「やくわり」のちから

    子供たちにダンスを教える中でひとつ、気付いたことがありま…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • mimi
    • 2017年 8月 29日

    アーメン!
    盆栽のようにかっこいい人生に作りたいです!!

    • prov人生
    • 2017年 8月 29日

    さいたまに盆栽博物館って、ありますよね。
    盆栽の世界って、奥深いですよね。

PAGE TOP