子どもに声をかける時☆気をつけている7つのこと

母になって 12年。

母として まだまだ成長過程の私ですが

 

子どもに 声をかける時に

気をつけていることがあります。

 

失敗したから 分かったこと。

教えてもらったから 分かったこと。

 

それを 何度も くり返して

気をつけるように なりました。

 

私の覚書として 7つ ご紹介します^^

 

1.子どもに 押しつけないこと。

 

よかれと思って してしまう 第1位。

子どもは 子どもで ちゃんと考えがあること

忘れないように 気をつけます(>_<)

 

2.子どもから 教えてもらう 立場。

 

子どもの 気づきや 行いには

ハッとさせられることが 多々あります。

教え 教えてもらう 親子でありたい☆

 

3.子どもの意見は 最初から 否定しない。

 

自分が コレをされると イヤですよねぇ。。

「まず聞く」こと。

今も なかなかできません(笑)

 

4.自分が話すときは 1つだけ。(一度に たくさん言わない)

 

これも なかなかできない(笑)

一度に いろいろ話すと

子どもの顔が 曇ってきます (=_=)

 

5.いいと思ったら すぐに ハッキリほめる!

 

「ハッキリ 自信もって」ほめると

子どもの心に しっかり 届く気がします^^

 

6.子どもから話してくれることは すごくうれしいこと。

忙しくても 関心は 必ず見せる。

 

子どもは 多かれ少なかれ

成長と共に 口数も減ってきます (T T)

 

話しかけてくれるうちが 花。

 

子のマシンガントークが つらい時は

ひたすら 「神様~~~!!」と

心で叫びながら 聞いていました(笑)

 

7.「ありがとう」を いっぱい言う♡

 

他の6つが できなくても

この1つを やっていると

 

親子関係は けっこう 良好です^^

 

 

 

1つ 大事にしている言葉があります。

「一番大きな愛は 待ってあげること 無理やりしないこと。」

 

 

摂理の牧師さんが 教えてくれた 一言。

私の 座右の銘です。

 

 

 

子どもは とても素直で 正直。

 

子どもへの声かけ ひとつで

子どもの反応は 本当に 変わります。

 

毎日の 何気ない 声かけ

大切に していきたいです (^-^)

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1分でできる☆クリスマスのお部屋の飾りつけ

大切な家族 私と母

関連記事

  1. 何としても手を汚さずに作るハンバーグ

    私の作り置きおかずの定番の1つは…ハンバーグ(*´ω`*)家…

  2. 「学校に行きたくない」と子どもに言われたら

    子どもが 「いってきまーす」と毎日 学校に行くことは何も 特…

  3. かわいい 夏休みの工作

    小学4年生のよつば 工作が好きである。学校からも…

  4. ミニ盆栽と理想世界

    日本の伝統文化、「盆栽」小さな鉢の中に、美しく神秘的で雄大な自然の景…

  5. 小学生が書く、母のトリセツ(取扱説明書)。

    のんびり過ごせる 週末の土曜日。母シロは お昼ご…

  6. 「苦手なもの」をがんばってる時には、コレ☆

    小学生のよつば ただ今リコーダーを 猛練習中。母シロは 「リ…

  7. 週末のおしゃれアイテム>娘の手作りアクセ☆ 

    主婦として 生活していると人目につくことも 少な…

  8. 摂理の2世と新米ママ日記~教会は愛の支援室

    先日、保育園入園の申請をしてきました☆終わったぁぁーめんどく…

PAGE TOP