どっちが年上?と思ってしまう、父と小学生の会話。

朝ごはんの時間 テレビで

天気予報を 見ていた時のこと。

 

「私 このお姉さん すきなんだよね~」

よつばが 口の中にごはんを入れたまま

モゴモゴ 言いました。

 

お天気お姉さんは

むし暑い日も 台風で散々な日も

自分の身なりが どうなろうと

変わらない笑顔で 伝えてくれる。

 

そんなお姉さん 私も すきだなぁ・・・

と 思っていたら

 

主人が すかさず

「でもな この中継が終わったら

このお姉さん『ああ しんどーーー!!』とか

『あほらし』とか 言ってるかもしれんで。」

と 言い出す。

 

主人は この手の返しの 常習犯です。

「やーい やーい」という声が

どこからとなく 聞こえてくる気が・・・

 

そんな時 よつばはたいてい スルーですが (-_-)

この日のよつばは ちがっていました。

 

「別にいいよ。

どんな人にだって そういうとこ あるでしょ。」

 

なんとも スカッとする一言。

 

「・・・おお まあな」

主人も おとなしくなる。

 

 

いったい どっちが 年上なんだ。

 

 

どんどん成長する わが子と

まだまだ幼い 親ふたり。

 

 

納豆を かきまぜながら

しみじみとなった 母シロでした。

 

 

投稿者プロフィール

アバター
シロ
青森→兵庫在住。12歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よつばマンガ「苦手な給食ーブロッコリーサラダ事件!」

おはようの詩「続ける」

関連記事

  1. 親子のサイクリング☆

    お休みの日に、娘からのリクエスト。「サイクリングにいこ~!」普段は重たいラン…

  2. 小学生のわくわくアンケート☆

    荷物を整理していたら、小学校でもらった資料がひょっこり出てきました。…

  3. 読むとほのぼの「ワクワク親聞」

    コンコンと咳をする音やズズッと鼻をすする音を周りで耳にするようになりまし…

  4. ふきのとうのお話。

    雪がずいぶんとけました。道のすみっこに、かわいいふきのとうを見つけました。ふ…

  5. よつばとおじいちゃん

    主人のお父さんは、関西でひとり暮らし。よつばのだいすきな、おじいちゃんで…

  6. ふわふわ小物で、娘の冬支度

    空気が冷たくなってきました。クローゼットの奥から冬物を出してきて懐かし…

  7. つらい時も、ゆっくり癒されていく。

    部屋の中にある 家具や小物たち。1つ1つが かぞくの記録です。…

  8. こどもと親の心をサポート☆九州大学の病院

    私が子どもを産んだのは、外国な小さな町で、両親や親しい人はそばにいなかった…

PAGE TOP