同じ立場で祈る

小さい子供と一緒にいると、知らず知らずのうちに危険予測をするようになる。

 

近道でも、ベビーカーが通りにくいから遠回りしようとか

買いたいものがあっても、ぐずりそうだから仕方ない今日は帰ろうとか

大したことのない日常ですら、気を遣うことが多い。

ましてや、災害の時に小さな子供がいたら一体どうなってしまうのかと考えてしまう。

 

今週末の関西の台風、北海道の地震で

避難を余儀なくされているお母さんや小さい子供もいるだろうか。

 

赤ちゃんは1日に多くて十数回、おむつを替えないといけない。

その度におしりふきも必要。

ミルクも清潔な水が必要で、その水は適度な温度でないといけないし、

哺乳瓶は毎回消毒をしないといけない。

母乳育児であっても、お母さんがしっかり栄養を取らないといけない。

必要なものがちゃんと届いているだろうか。

 

停電や慣れない環境による不安で泣いてしまう子はいないだろうか。

周りは寛容に受け止めてくれているだろうか。

小さな子供のいる家庭をサポートする体制はあるだろうか。

 

被災地に少しでも早く、不自由のない日常が戻るように

必要なところに必要な物や人が必ず送られるように

小さな命が決して失われることがないようにと

心から祈ります。

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性格が正反対の夫婦が、うまく生活する方法。

よつば絵本「あれ どうしたのかな?」

関連記事

  1. 冬の寒さも、神様の御働き

    1月ももう3分の2が過ぎました。このところ、千葉も寒い気候が続いています…

  2. 雪道のなかのぬくもり

    東北のいなか町は 雪かきで1日がスタートです。地元の人たちの雪かきの姿を…

  3. かさぶた

    こどもの頃、いつも膝がしらにかさぶたがありました。我…

  4. やさしさの連鎖反応

    ある夜、夢を見ました。バスの中に、足の不自由なおばあちゃんがいて、私はおばあ…

  5. ちいさなしあわせ、ずっと続くしあわせ

    今日、春のズボンを買いに行きました。ズボンが入ったバッグに、何か書かれてい…

  6. おつかれさまです☆

    今日は金曜日。今週も1週間、おつかれさまでした。目が充…

  7. 涙が出そうになる時

    今でも 時々涙が出そうになる時があります。…

  8. FREE AS A BIRD

    ラベンダー、カモミール、ベルガモット・・・ふと癒される、アロマのかおり。…

読者になる

更新のお知らせを受けとりたい方はこちら♫メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^

3人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP