【悩み】夜中にひとりで考えすぎて眠れない時、どうしますか?

眠りたいのに 眠れない・・・・

 

体は 疲れて ヘトヘトなのに

なぜか 夜 眠れない日。

 

食事も はやめに 済ませて

お風呂にも ゆっくり浸かって

テレビもスマホも 見ないで

 

万全の準備をして 布団に入っても

 

頭の中が みょうに 騒がしい・・・・

 

「あの時 ああ言ってよかったんかな?」とか

「明日の朝 なに作ろ?」とか

「よつばも主人も はやく寝てよーー!!」とか

「最近 カフェに行ってないなぁ・・・」とか

 

ありとあらゆる類の「考え」たちが

ノンストップで 頭の中を 走り回る。

 

この騒がしい「考え」を 消去したいが

 

夜更けの罠であろうか・・・・

 

布団の中で 寝ているだけでは

事態は まったく 改善されず

考えは ますます グルグルしていく。

 

 

 

そんな夜を 過ごしているのは

決して 私だけでは ないらしい。

 

 

ネットでは 不眠の悩みを よく見かけ

薬局では 睡眠改善薬が 増えてきた。

 

悩んでいる人が たくさんいるんだ。

 

 

私は 不眠のエキスパートではなく

ただの「ときどき不眠に悩む主婦」であるが

 

眠れない夜を どのように過ごしてきたか

いくつかの実例を ご紹介できたらと思う。

 

 

エピソード1: いざ 外の世界へ

 

眠れない日に まず ぶつかるのは

このまま 布団の中に いるか

布団の外へと 飛び出すか

苦渋の決断を 迫られる。

 

ここで 1つ 提案したい。

 

横たわっているのが 心地よければ

そのまま 布団の中で 体を休めて

 

横たわっていることが 苦痛に感じてきたら

布団の外に 出てみてはどうか。

 

「この時間 布団の中に いないといけない」

 

この 自分の「あるべき」が

なにより 自分の首を縛っています (>_<)クルシイ

 

 

もう いいじゃないか。

十分 やるべきことは やった。

 

それでも 眠れないのなら

その現実を 受け入れて

 

布団という殻を やぶり

外の世界へ 飛び出すのも アリ。

 

我慢より すこし 楽しんでみよう。

 

 

エピソード2: レンジの前で

 

「眠れない夜は ホットミルクがいいよ」

子供の時 絵本で 知った言葉。

 

大人になっても よく覚えている。

 

外に飛び出した 私の足は

まずレンジの前に 向かい

 

お気に入りの 茶色のコップに

豆乳を 半分注ぎ(ミルクではないが)

レンジで チン。

 

台所の ほのかな照明。

ふんわり ただよう 湯気。

ホット豆乳と ビスケット。

 

夜更けのおなかにも やさしい

ひそかな おたのしみです^^

 

 

エピソード3: しずかな時間を楽しむ

 

おなかが 満たされると

自然と 睡魔がくることもあり

その時は 素直に 布団に戻ります。

 

でも まだまだ 目が冴えている時は

次のおたのしみに 参りましょう。

 

 

よくよく 考えてみると

こんな しずかな時間は そうそうない。

 

起きている時に やりたかったけど

できないと 嘆いていること。

 

だれにも ジャマされずに

本を読み 音楽を聴く。

ブログを 書いてみる。

見たかった映像を 見る。

 

 

今 できるじゃん。

 

 

「眠れないよ~」と嘆くより

「明日絶対しんどい」と憂うより

 

それは いったん 置いといて

今を 楽しむこと 選んでみよう。

 

 

部屋の照明は 暗くして

少しずつ 楽しんでいれば

 

そのうち 睡魔がやって来るでしょう。

 

来なければ 来なかったで なんとかなる。

 

 

これまでも そうだった。

 

結局 眠れないまま 朝を迎えても

その次の日も また 眠れなくても

 

体は けっこう キツイけど

「できる1つ」を がんばって

「休むこと」も 大切にしながら

1日1日を なんとか 乗り切り

 

ある日 スーッと 寝れる日が来る。

 

 

 

眠れない日が ずっと続いて

ひとりの力では ダメな時も

 

病院や 専門家の人が

ちゃんと サポートしてくれる。

 

助けは ちゃんとある。

だから 安心していいんだよ。

 

 

夜更けに 活動することに

拒否反応を示す 自分に

 

そう 話しかけてみる。

 

 

私にとって 眠れない夜は

強くなりすぎた 自分の「あるべき」を

ほぐしてあげる時間なのかもしれない。

 

 

自分を 型にはめないで

自由に 楽しんでいると

 

そのうち 眠っちゃってたこと

過去に たくさん ありました(笑)

 

 

だから また 眠れない夜が来ても

「次は こんな風に 過ごそう☆」と

気持ちをラクにしていたいです^^

 

 

体と心の不調に 苦しい時は

我慢せずに 周りの頼れる人や

病院に 相談してくださいね^^

 

 

あなたを 助けてくれる存在は

ちゃんと あります。

 

 

投稿者プロフィール

シロ
東北在住。11歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れた心と体に効く!?HAPPY マッサージ券

気持ちを切り替える「日常生活のスイッチ」づくり☆

関連記事

  1. 漢方の力+運動=ポカポカ☆

    2017年 毎日を元気にあたたかく過ごせるよう体をポカポカにする記事でス…

  2. 健康のためには、極端にしないこと。

    もともと冷え性で、肩こりのシロ。でも、なんだかいつもと違う。いつもよりひどい…

  3. 豆乳と牛乳、どっちにしよ?

    毎日いただく、あったかいミルク。ミルクだけ、カフェオレにして、はちみつ入れて…

  4. 骨身に染みる肋骨損傷

    私の母は独身の時、肋骨にヒビが入ってしまったことがあります。原因は……

  5. オーガニックハーブティーで ホッとひといき♪

    いい香り やさしい味 からだにじんわり働いて心もからだも幸せにしてくれる…

  6. 主婦にもオススメ☆ちーちゃんのヨガ教室

    シロのコンプレックスの1つは「体の不調」です。…

  7. 空腹を楽しんで☆

    今日はやたらとおなかが空く・・・そんな日ありませんか?ちょっと小腹が空いた時…

  8. 冷え症の方に☆あったかココア

    手先の冷たさで、まわりの人からよく驚かれるシロ。いったい、いつから冷たいなの…

PAGE TOP