menu

中学時代‐学校で教わるキリスト教にがっかりしたこと②

中学時代‐学校で教わるキリスト教にがっかりしたこと①

約1週間後に、そのテストは先生に採点されて返ってきた。

(ちなみにキリスト教の先生は牧師さん)

 

赤ペンで書かれた点数を見ると、満点ではなかった。

やっぱり最後の記述問題はバツにされたようだ。

 

期待していた解答欄を見ると、赤ペンで1行だけ、書いてあった。

 

「本当にそうかな?」

 

・・・え!そんだけ?!(゜゜;)

結局自分で考えろってかーー!

 

「神様の愛」の疑問に対して欲しかった答えは得られず、

失点しただけで終わったのだった。

ほとんどが満点をとるようなテストゆえ、この失点のせいで偏差値はガタ下がりである。

 

満点を逃したことにもがっかりしたけれど、

偉そうに神様の愛を教えるくせに、納得する答えをくれないキリスト教という授業に心底がっかりしてしまった。

(納得できなければ信頼できない、理系脳の性)

それ以降…キリスト教の時間は受験勉強の時間になったのだった(笑)

投稿者プロフィール

saku
群馬出身、東京在住の新米ママ
大学生の時に摂理に出会い、現在は夫と子供たち(2歳0歳)と4人暮らし。
仕事は研究職、教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo

秋が来ました

流していい涙 元気になれる涙

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP