神様にとって、大きなもの。

月明洞で、一人で賛美をしていた時。

心ではただひたすら神様に栄光を帰そうとしているけど、

実際、神様は受け取ってくださっているだろうかと思い、

尋ねてみたことがあります。

 

「神様、全能なる神様の御前で私はあまりにも小さな者です。

神様は目に見えませんけれど、この賛美を受け取ってくださっていることが目に見えたら、どんなに良いでしょうか。」

 

心で神様を呼んでそう尋ねた、その時、

 

隣にあった木の葉っぱが突然、数枚ひらひらっと落ちました。

不思議でした。周りに人はおらず、風もなかったので。

 

それを見た瞬間、

神様、私一人の賛美も受け取ってくださっているんだ!

万物を通して見せてくださったと確信し、とても嬉しくなりました(*^^*)

 

神様は、大人数で捧げる壮大な賛美だけをお受け取りになるのではありません。

たとえ一人でも、どんな場所にいても、、

真心を込めて賛美を捧げるならば、必ず全て受け取ってくださいます。

 

また、水面を打てば波が立つように、

私たちが呼びさえすれば必ず答えてくださる神様です。

 

だからその分、私たちの「生活」が、神様の前で小さなものではないということです。

 

私たちが生活の中で尋ね、探し、呼び、

生活の中で賛美もして感謝して生きること

神様はあまりにも願っていらっしゃいます。

 

会社や学校で、一人ででも、神様を呼んで行うこと。

その「生の芸術」1つが、

神様の前で決して小さなものではない。

はっきりとそう思えるようになりました。

 

最近の自分を振り返ると、

生活の中でこのように随時呼び求めること、まだまだ足りないな~、と思い悔い改めました。

毎日もっと神様に近くして、生活の中で神様を喜ばせて差し上げる者となります(^^)

投稿者プロフィール

アバター
saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うれしい♪実家のごちそう

我が家のベジータ

関連記事

  1. 行なうことがつらい時には

    寝不足だったり、体調が悪かったり、心がモヤモヤしていると体も心も重たくなっ…

  2. ただ愛することが答え。

    「愛」という言葉その言葉があまりに深くて深いことを分かるたびまるで深…

  3. 本当にしあわせな人って どんな人?

    本当にしあわせな人は 自分の持ち物のよさをちゃんと分かっている人その持…

  4. 勘違いをなくす一番の方法

    生活の中に ゴロゴロ出てくる厄介な「勘違い」。…

  5. ちょっとおかしい、娘のカタカナ

    娘よつば、ただいま育ちざかりの8歳です^^はじめて目にしたり、耳にするこ…

  6. お祈りで、どうやって神様の声が聞こえるの?

    お祈りをしていると、心に言葉がふわっと浮かんできます。その言葉が私に温か…

  7. いま、ここにいる人

    娘とのおふろの時間に、こんなことがありました。お湯につかって1日の疲れが…

  8. リラックマのリラックスさに学ぶ

    最近、リラックマにはまっている娘、よつば。中でもコリラックマがお気に入りだそ…

PAGE TOP