menu

「見分ける力」を育て、もっと楽になろう

毎日 切実に願うことは

心を楽にして 生きたい

ということです。

それは 毎日

いろんなことが 起きる中で

気にしなくていいことも 気にして

問題でないことを 問題にして

神経を 使い過ぎているからだと

御言葉を聞いて 気づかせてもらいます。

あなたの体も あなたの考えも

正しいところに正しく使うことです

神様は 教えてくれます。

「正しいこと」が 何か

把握して 知ることが 必要だと。

つまり 「正しいこと」を

<見分ける力>が 必ず必要だと。

目の前には いつも

<正しいもの>と<正しくないもの>

2つが 一緒にあって

見分けずに 両方とも

<正しいもの>と 受け取ると

<正しくないもの>のせいで

心を悩ませ 心が痛みます。

<見分ける>ことが 自分を守ること

そのことを 学びました。

「正しく 見分けるもの」は

いろんなパターンが あります。

誰かが 不機嫌な時に

「自分のせいかな」と すぐ恐れず

相手の気分の問題」かどうか

まず 正しく見分けて 把握すること。

その上で 自分が できる範囲で

相手に してあげたり 距離を保つこと。

子育てでも 同じです。

口出し 手出しが 必要なこと」と

あえて 「自分が気づくまで待つ」こと

どちらか見分けること 必要ですね。

そして 心がさみしくなる時

周りが うらやましくなる時

幸せと 心から思えない時

「人が 持っているもの」を

自分も 欲しがっていて

「自分が 持っているもの」への

感謝と 誇りを 忘れている

そんな自分に 気づきます。

神様は ひとりひとりに

欠かすことなく 必要なもの

ちゃんと 与えてくれています

そのことを 正しく 把握すること。

そのことを 心から 信じること。

「相手がもらっているもの」と

「自分がもらっているもの」を

<見分ける力>を 持つことは

幸せに生きるために 不可欠ですね。

この<見分ける力>は

自分ひとりでは 決して持てません。

なにが 正しくて 間違ってるか

自分ひとりでは 到底 分からないから。

それが何か 分かるのは 神様だけ

分かる人に 教えてもらってこそ

分かることが できるのです

御言葉には 神様が

私たちに 教えてあげたい 

ホントに 分かってほしいことが

1つ1つ 書かれています。

それを 学びながら 

そして 行いながら

私たちは <見分ける力>を

育てていくことが できるんだ

どんな状況でも 

「心を楽にして 生きる」ことは

不可能なことではないんだ。

「心の悩み」シリーズはコチラ

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

帝王切開で4人目の出産後5日目

4人目の出産後6日目赤ちゃんとの対面

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP