万遍なく備えさせてくれる「こどもたち」

何かを教えるとき、大人に教えるのと子供に教えるのとでは全然勝手が違います。

それは、どうやらダンスでも同じことが言えるようです。

 

子供たちに振付けを教えるとき。

向かい合って踊って見せると、子供たちは見たまま真似して踊るので、左右が逆になってしまいます。

つまり、自分が右手を出すと、向かい合った子供たちから見たら「左」なので、子供たちは左手を出してしまいます。

(右と左を頭の中で転換するのは難しい)

 

これは大人でも慣れないと難しいので良いとして、

じゃあと思って自分が後ろ向きに踊ってみせようとすると、子供たちも後ろを向いてしまうのですf(^^;)

なんて従順なんだ(*´д`)o

でもそれじゃ見えないでしょ(笑)となります。

 

結局、自分が子供に教えるときは、全部左右逆に覚え直すようになりました。

 

私は右利きなので、左手は元々あまり器用ではありません。

左右を脳で変換するのもかなり苦手な方でした。

(編み物や手話を本の見本通り、左右逆に覚えてしまったりしたこともあるくらい)

でも、子供たちのおかげで左手も脳も駆使せざるをえなくなり、左右万遍なく使えるようになったのでした。

 

自分の次元を上げるには、「一つのこと」だけがよくできるだけでなく、

「さまざまなこと」を「万遍なく」よくできなければなりません。

平素やっている通りやるのより、もっとエネルギーが必要です。

 

自分が苦手なことを「年上」が教えてくれることもあるけれど、このように「自分より幼い人が」気づかせてくれる場合もあります。

自分を成長させるためには、会う人はすべて自分を成長させてくれる人だと思って、謙遜に学ぶ姿勢が必要だと思いました。

誰を通して神様が自分に働きかけてくださるか、自分には分からないから。

 

私の場合、自分が教えているようでも、実は子供たちから学ぶことの方がとても多いです。

時には「あーまたsakuせんせー間違えてる~!(*’▽’)σ」などとツッコまれながら過ごす子供たちとの時間は、とても楽しくもあり、練達もあり、宝のような時間です(*^-^*)

幼子から従順さ、純粋さを学んで、私も聖三位に対して幼子のようになりたいと願う今日この頃です(^^)

 

―マタイによる福音書18:1-5

そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか」。

すると、イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた、

「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。 この幼な子のように自分を低くする者が、天国でいちばん偉いのである。

また、だれでも、このようなひとりの幼な子を、わたしの名のゆえに受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。

投稿者プロフィール

アバター
saku
群馬出身、東京在住の新米ママ
大学生の時に摂理に出会い、現在は夫と子供たち(2歳0歳)と4人暮らし。
仕事は研究職、教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo

お祈りの手

東北のおいしいもの☆むきさめ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP