menu

やさしい耳あて、こころのクッション

さっきまで楽しかった空気が、パリンと割れる時があります。

だれかが大きな声で、だれかを怒鳴る時。

大きな声は、矢のように、石のように、心に刺さり、くだきます。


ある日、公園でおとうさんが男の子に叱っていました。

叱る言葉は、感情的な言葉になりました。男の子は、じっと耐えていました。


連休の旅、車の中で主人が大きな声で怒りました。

空気が氷の針山のようになり、少しも動けませんでした。

バックミラーにうつる、眉間にしわを寄せた、主人の目。

娘も、私も、じっと耐えていました。


こんな時、神様はあたたかい手で、耐える人の耳を守ってくれます。

大きなこわい声が、ぼわんとやわらぐ、やさしい耳あて。

きつい言い方が、やさしい言い方になるように。

叱りつける言葉が、自分のためのアドバイスになって、耳に届くように。


そして神様は、大きな手で、耐える人の心を包んでくれます。

矢のような、石のような言葉から守ってくれる、こころのクッション。

まるで深い海の中にいるようで、心が少しずつ、癒されていきます。


こわい声、こわい言葉は、空気も、相手の心も、傷をつけます。

そんな風に声を上げてしまう人も、心に傷があるんだって、神様は教えてくれました。


男の子のおとうさんも、主人も、いいところがいっぱいある。たったひとりの、大切な人。

だから、これからもずっと、なかよく、いっしょに生きていきたいです。


神様、どうかこの世界から、こわい声、こわい言葉をなくしてください。

神様のやさしい耳あてと、こころのクッションで、耐える人を守ってください。

私たちの心の傷をなおしてください。神様の愛が、一番のくすりです。


もう、パリンと割れる音が聞こえない、やさしい世界になりますように。

 

 

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。13歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

おつかれ胃腸には、よく噛むこと☆

バレーボールをはじめました☆

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP