摂理の2世と新米ママ日記~子供の信仰に脱帽した一言

うちの教会の子供たちは、赤ちゃんが好きな子が多いなぁと感じる(*^_^*)

教会に息子を連れて行くといつも、

年上のお兄ちゃんお姉ちゃん達が自然と近くに来ては

なでたり遊んだりして可愛がってくれる。

 

我が家のてんごくん、まだまだ赤ちゃんだけど、

今や体重は生まれた時の3倍。

母親の私から見たら、手も足も体も、ずいぶんと大きくなったもんだなぁと思う。

それでも、

もうすぐ小学生になる先輩たちから見たら

まだまだちっちゃく見えるようだ。

「足の爪ちーっちゃいねぇ~~!!」

と言いながら、まじまじと見ているのが微笑ましい(*´ー`*)

 

生まれた時はもーっとちっちゃかったんだよ~

と話したら、

 

「えー!!

そんなちっちゃい爪を創った神様

すごいねー!!」

 

この一言に

うわ、私負けてるかも、、

と思った(;´∀`)

 

私が同じくらいの幼児期に赤ちゃんを見たとしても、神様を考えるそんな思考回路は到底持てなかったし、

成長した今もこのように認めて告白して毎日生きてるだろうか、と

自分自身を見直させる一言だった。

人間一人一人を、神様が愛して、精密に素晴らしく創造したということを

幼い時からちゃんと分かって認めて生きている摂理の子供たち。

 

神様にとったらどれだけ嬉しいことだろうと考えて、

子供が自然に放った一言にひどく感動してしまい

涙が出そうになった。(*つー`*)

投稿者プロフィール

saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒/群馬出身、東京在住の新米ママ
教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なくした物がありえない場所から出てきた例。

よつばマンガ「よつばが給食の歴史を変える!」

関連記事

  1. 人のものを うらやましく思う時

    だれかがとなりで 宝くじを当てたりだれかがとなりで すごいと称賛を浴びた…

  2. かみさま どこにいますか?

    ずっと かみさまを知らずに生きてきました。知らなくても ふつうに暮らして…

  3. 米ぬかおやつのレシピ☆りんごとレーズンのマフィン…

    ひさしぶりに 懐かしい場所に家族で出かけました。…

  4. 神様にとって、大きなもの。

    月明洞で、一人で賛美をしていた時。心ではただひたすら神様に栄光を帰そうと…

  5. こんな性格だけど、いいですか?

    面倒な性格だなぁと思うことこどもにも 自分にもありませんか?…

  6. 子育てのスランプ=ターニングポイント!?

    こどもの成長は 著しい。身長も 運動神経も 興味もぐんぐん変…

  7. おかあさんメモ ~テストの点数~

    小学生も 高学年になると勉強の悩みも 多くなるようで&nbs…

  8. 【悩み】授業参観に行くことが、実は苦手です。

    小学校の授業参観の 前日はたいてい 眠れません (=_=)&…

PAGE TOP