menu

「納豆嫌い」が納豆を食べるようになったキッカケ

納豆は ハードルが高い食べ物だと思う。

 

世の中には においや 見た目で

人々を魅了する食べ物が

たくさんあるけれど

 

納豆は においと見た目 両方で

「なにこれ!?」と

人々を 混乱させる。

 

すぐには 好きになってもらえない

辛抱のいる 食べ物だ。

 

でも 「においと見た目」の

壁を 乗り越えて

味も栄養も バッチリの

「納豆のよさ」を分かると

コロリと変わって 好きになる。

 

納豆は 不思議な食べ物だ。

 

主人も私も こどもの頃は

親が 納豆嫌いで

納豆を食べたこともなかった。

 

でも 転機が訪れる

 

主人が大学生の時

田舎のおばあちゃんの家で

親戚家族と朝ごはんを食べた時

みんな 納豆を食べていたそうだ。

 

そして 納豆を食べたことない主人に

「卵かけてみ おいしいで」

納豆をすすめてくれたそうだ。

 

その時から 主人も

納豆好きになった。

 

私は よつばを産んでから

体力を もっとつけたくて

スーパーフード・納豆

に目が行った。

 

なんで納豆だったのか。

 

3年間 デンマークに住んでいた時

一人の 日本人のお友達が

コペンハーゲンにある

たった一つの 日本食材店で

3パック1000円の納豆

買っていたのだ。

 

「納豆とは そんなに凄いのか」

その記憶が ずっと残っていた。

 

母は強し。

あんなに嫌いだった納豆も

こどものためと思うと 食べれた

 

その時から 私も

納豆好きになった。

 

よつばは 物心ついたころから

父も 母も 納豆を食べるので

自然と 納豆好きになっていた。

 

においはキツイし ネバネバで

最初は かなり抵抗があるが

よさが分かれば 好きになる

今では 毎朝欠かせない存在だ。

 

 

納豆を食べながら ふと思った。

神様のことも そうなんだろなと

 

最初は 全く知りもしないし

言われても ピンとこないし

抵抗は 強力にあったが

分かれば とっても好きになる

 

毎日 永遠に

欠かせない存在です^^

 

 

関連記事

「東北の新米と、お米の思い出」

投稿者プロフィール

シロ
青森→兵庫在住。15歳の娘のおかあさん。結婚してから摂理に出会いました。いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

神様がいる生活

ママと赤ちゃんにやさしい、デンマークの暮らし。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • prov人生
    • 2017年 9月 10日

    僕は、、、
    納豆がキライです(^_^;)

    何回か?チャレンジしましたが、、、

      • シロ
      • 2017年 9月 11日

      どんなによいと言われても
      食べられないものありますよね~!

      ちなみに私は「マヨネーズ」です(笑)

    • かおりん
    • 2017年 9月 12日

    納豆! 子供の頃は好きでも嫌いでもなかったけれど(たぶん食感のせい)、いつの間にかものすごく好きになっていました!
    辛いものがすきなら、キムチをすこ~し混ぜるとニオイがなくなり、味も美味しくなり、苦手でも食べられる方が多いですよね。
    栄養的にもキムチ納豆はすごくいいそうです。

      • シロ
      • 2017年 9月 12日

      おお~!キムチ納豆!!
      ぜったいおいしいですね!!!

      素材がよいから
      そのままでもよし☆
      アレンジもよし☆

      よいものをいつも選んでいきたいです^^

    • よっき
    • 2017年 9月 12日

    3つで1000円。価値を認める通りに、受けるんでしょうね。納豆、悟り深いですね!

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP