menu

神的なスーパーフードは存在するか~オルトレキシアのはなし

日本人は、食べ物のトレンドに敏感な民族です。

 

TVでヨーグルトが体に良いと言われれば翌日のスーパーからはヨーグルトが消え、

次の週に納豆が良いと言われれば、今度は納豆が売り切れていたりします。

最近私も、「押し麦」が異例の品切れ状態になっているのを見かけました。

(押し麦にはコレステロールの吸収を抑える働きがあるそうですね)

 

「○○は健康に良い!」「××を食べると健康に悪い!」

今やそういった食に関する情報が溢れすぎていて、健康志向の人であるほどかえって

「何を食べたらいいのかよく分からない!(´;ω;`)」

といった状況であるのも事実です。

食品を正しく選択するための情報なのに…うーむ。

20160630_オルトレキシア

では例えば「無農薬の有機野菜が健康に良い」といって、

有機野菜しか食べずに生きたらどうなるでしょう。

 

こういった意識が行き過ぎると、肉や魚を始めほとんどの食品も拒絶するようになります。

エサとなる穀物に農薬が使われているかもしれない、、

添加物が使用されているかも、、

グルテンも体に悪いと言われるから小麦粉を使った食品も無理で、

加熱するのもアクリルアミドが心配でイヤ。

ドレッシングさえ、トランス脂肪酸が心配で使えません。

 

結果、有機野菜を生でかじるしかなくなります。

友人とレストランに行っても食べるものがない。

「あんな不健康なものを食べて!!ありえなぁーい\(◎o◎)/」という具合で、その場にいることができません。

食を通じたコミュニケーションが難しくなり、食べる楽しみもなくなってしまいます。

 

健康ブームにより、自分が健康に良いと信じたものしか食べられなくなる過度な「依存」のせいで、体も心もかえって不健康になる問題が増えています。

正しい食事に対する強迫観念。

「orthorexia nervosa(オルトレキシア ネルボーザ)」

という、新型摂食障害です。

 

―オルトレキシアによって偏った食事を続けていると、ビタミンやミネラル不足になることもあり、

健康を目指していたはずなのに、オルトレキシアをベースに別の病気にかかってしまい、

精神的に追い込まれて生活の質も低くなってしまう。生命を危険にさらすことさえある。

正しいと信じる食依存で陥る「オルトレキシアネルボーザ」 FOOCOM.NETより)

 

これさえ食べていれば健康になれる、

そんな神のようなスーパーフードは

ありません!

 

健康な体であるためには、体の各肢体をまんべんなく管理するために、

バランスよく食べる必要があります。

神様がすべての人を愛して太陽を照らし雨を降らすように、自分の体にもそのようにしないといけないということです☆

 

また食事という行為は、コミュニケーションを生み和睦を成す場としての役割もあります。

お互い良く思えない人がいたとしても、一緒に食卓を囲めば誤解も解けることがあります☆

管理を学べて愛を学べて、和睦と平和が生まれる…食事というものはすばらしい祝福ですね(^o^)☆

投稿者プロフィール

saku
群馬出身、東京在住の新米ママ
大学生の時に摂理に出会い、現在は夫と子供たち(2歳0歳)と4人暮らし。
仕事は研究職、教会では子供たちのバトンの先生をしています。
好きなことは食べることとパッケージ裏の成分チェック。食品と、最近は化粧品も見ます☆
サイト管理人です。リクエスト等お気軽にどうぞ(^-^)
@sukusukunokumo

焼き菓子の賞味期限

おなかにやさしいレシピ☆しその卵かけ

サイトの著作権について

ブログにきてくださったみなさまへ^^

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は

信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、

本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は

一切なさらないようお願いいたします m(_ _)m

PAGE TOP